もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

ヘルシンキにて  トラムに乗って 2008/06/09

Filed under: ヘルシンキ旅行記 — Misa @ 8:25 PM
 
ヘルシンキの市内中心部は約2km四方なので、基本的に歩いて回れます。
ただ、この街を散策するに欠かせないのが、トラム
現在11路線が走っていて、どこへ行くにも便利なのです。
ただし、路線図が日本ではなかなか手に入らず…悲しい
図書館で借りた、北欧デザインの本の付録ページをカラーコピーして下調べ。
 
   01トラム 自分で作ったガイドノートの裏表紙にそのカラーコピーを貼って。
 
ツーリストカードを買った交通局の窓口でも、トラム路線図を無料で配布していますが、ちょっと見にくいです。
結局、下調べのためのコピーが、現地でも大活躍でした。
 
トラムと言えば、「かもめ食堂」の冒頭で、ミドリさんがひとりで乗っていました。
初心者でも利用しやすく、そして料金も安い。
観光客にもやさしい乗り物です。
 
路面電車なので当たり前ですが、停留所は道の真ん中。
複数の路線が重なっている停留所は、トラム先頭の表示の番号をきちんと見ないと、別の路線に乗っちゃったりするので注意!
   停留所 この停留所は「3B」「4/4T「7B」「10」の4路線が停まります。
 
大きな停留所だと、○路線があと何分、という電光表示が出ますが、普通の停留所だとありません。
少なくとも、大体10分~15分に1度は来ます。気ままにのんびり待てばOKです。
 
トラムの車両の長さは、まちまち。2両のものもあれば、5両のものも。
停留所でぼけーっと待っていると、ずーっと前に停車したりするので、慌てて走ることも。
 
停まったトラムのドアは自動で開く場合もありまますが、乗る人が外についているボタンを押して開けます。
降りるときも、トラムが停留所で停まったら、中からopenのボタンを押して、ドアを開けます。つまりは手動。
  03トラム トラム内側のボタン。降りるときは、停車したら上の赤いボタンを押せばドアが開きます。
 
トラム専用の1回乗車券は2ユーロ(≒330円)。
自動販売機で買えば、1.8ユーロだそうです(2008年5月末現在)。
一回一回支払う場合は、一番前から乗って運転手さんにお金を払います。
 
私はツーリストカードを持っていたので、一番最初にトラムに乗ったとき、
  04トラム ←この機械の下部にカードを差し込み、刻印します。
 
と言っても、カードに何か書かれるのではなくて、チップに時刻データが書き込まれるため、
大体今から72時間、と覚えておかないとダメです。
もしかしたら、何かでチェックできるのかもしれないけれど…。
 
前回の記事にもありますが、基本的にお客さんはいちいち運転手さんにお金を払ったり、チケットを提示したり
する必要はありません。
停留所では、ドアが開いたら乗り込む。そして、降りたいところで降りる。
ズルをしようと思えば、いくらでもできます。
 
ただし!
一度だけ遭遇しました!
検札員の方々が、各車両に乗り込んで、お客さん全員にチケット提示を求めてきました!
ひゃー、これが抜き打ち検察!
私もむーちゃんも、お財布からツーリストカードを出して、検札員のお姉さんに提示。
ハンディタイプの機械にそのカードを差し込み、ちゃんと有効なカードとわかるとにっこり笑顔で
「ありがとう」と返してくれました。
でも…だ、誰か、悪いことしてるんじゃないの?と、少々ビクつきながらも周りを見ると、全員OK。
いくつか後の停留所で、検札員の人たちが降りて行きました。
ああー、やっぱりみんなちゃんと乗っているんだ!安堵。当たり前のことなのだけれど、感動。。。
 
トラムの停留所は、フィンランド語とスウェーデン語の2表記です。
これが、すっごく読みづらい。
車内では、次の停留所がこの2ヶ国語でボードに表示されます。
地下鉄同様アナウンスはありません。
 
  05トラム ←ひとつの停留所に2ヶ国語の長ーい名前。おまけに発音できず。。。
 
ぱっと見ただけでは、一体自分がどこにいるのかわかりづらい。
だって例えば、上の地図の中の「Rautatieasema(フィンランド語)/Jarnvagsstationen(スウェーデン語)」が、
電光掲示板でつらーーっと流れながら表示されても、えっ、えっ、次どこ?なんて、
自分の持っている路線図と見比べて、見比べてる間にスペル忘れちゃったりして。
  
 
これは先頭車両に乗ったとき。  06トラム  
トラムの中は、明るく清潔です。混んでいても、日本のラッシュのようにはなりません。
 
これがトラムの座席の背もたれ部分。 07トラム かわいい模様です。
 
降りるときは、色々な場所についているボタンを押して運転手さんに知らせます。日本のバスのようです。
ただ、ボタンを押すと、「ぷー」とか「ピンポーン」ではなくて、
「ちんっ音楽」と、ベルの音がします。この音がとっても可愛らしいんです。
  
Ray-Banのトラム。Ray-Banトラム
一般の人は乗れないようです。途中でドアが開いて中を見ることが出来たのですが、
キャンギャルのお姉さんと、中にはRay-Banのサングラスがたくさんありました。ショールームのようで、限定された人が乗っているようです。
 
この赤いトラムは、Barトラム!Barトラム
車両の中がBarになっていて、お酒を楽しみながらヘルシンキの街を回っていくトラムです。
夏季限定だそうです。
 
青いトラム(奥のトラムです)は、たった一度だけ見ました。車両の形も、他のものと全然違いました。
  スオミカラー! ちょっと流線型で、未来系?
 
木製のトラム。木製トラム
行き先も何も書いていないので、これも通常のトラムではないと思うんだけれど…
気のぬくもりが温かい感じです。
 
トラムのフォトアルバムupしました写真
よろしければ、ご覧下さい!
 
街行くトラム。 新型車両はノンステップトラム  
                風情豊かな建物の間を、トラムが通り過ぎていきます。
とても情緒があって…そして、どの風景にも溶けんでいるトラムは、ヘルシンキの人々の生活そのものなのだと思います。 
 
 
 
広告
 

22 Responses to “ヘルシンキにて  トラムに乗って”

  1. Misa Says:

    ミッキー・フォールさんいらしていただいて、感激です。ありがとうございます。広島の路面電車にも似ていますよね(^-^) どこの路面電車も似ているものなのかしら…そうですね!ヘルシンキと広島の電車が、人々に愛され続けることを私も願いたいと思います(^-^)♪

  2. ミッキー・フォール Says:

    こんばんは~♪かなり遅いコメントなんですが。。^^;青いトラム☆GREEN MOVERに似ていますね~^^トラムがヘルシンキの街並みとマッチしてて、とてもいいですね~!ヘルシンキと広島が、いつまでも電車の街であってほしいと、願いたいですネ!

  3. Misa Says:

    omiさん、こんばんは☆
    トラムの路線図、東京の地下鉄並みに複雑で、停留所名は読めないし、
    だいぶ悪戦苦闘しましたが、とても便利でした!
    私も青いトラム気になって、帰ってきてから調べたけれど、結局わからず…
    Barトラム、確かに日本だと考えられませんね。お座敷列車みたいな感覚なのかしら???
    私も木のトラムが、お気に入りでした♪
    みなさん、当たり前のことをなさっているだけなのですが、感動してしまいました!

  4. omi Says:

    こちらでも こんにちは。
    トラムの路線図すごいですね!
    青いトラム とても気になりました。
    トラムにBarがあるなんて、すごいですね。
    日本では考えられない。
    それにしてもみんな良識がありますね。
    Woodのトラムも素敵です。
     

  5. Misa Says:

    ひだまりさん、こんばんは!おかえりなさい~♪
    そうですよ~(^-^)  ひだまりさんの代わりにはならないけれど、鉄子になってきました!
    どこへいても、電車を見るとひだまりさんを思い浮かべちゃいますよ~!
    トラムの乗り心地は静かだし、中も清潔で明るくて、とてもよかったです。
    今度はぜひ、フィンランド鉄道で、森へハイキングに行ってみたいです。
     
    わわわ!ひだまりさんから取材を申し込まれたっ!こ、光栄です。
    ああー、楽しみだなあ。「笹団子」と「ちまき」。
    私はいっぱい食べますよ~。ふふふ。覚悟しておいてくださいネ。
    美味しい魔法をかけるのはひだまりさんですよ(^▽^)♪ そして私がその魔法にかかって、
    超~すばらしいもぐもぐレポートをしますから!
    その日が来るのが楽しみですネ。 こちらこそ、どうもありがとうございます(*^o^*)
     

  6. Misa Says:

    Namiさん、こんばんは☆
    本当にトラムと街並が調和していて、感動しました。
    東京にも路面電車があるのだけれど…最近見ていないなあ、と懐かしく思ったりもしましたよ。
    写真、見ていただいてありがとうございました!
    色々なトラムがあって、見ているだけでも楽しかったです。
    Barトラム…どんなシステムなんだろう~?と、それが謎だったりします(笑)

  7. Misa Says:

    ポルカさん、こんばんは☆
    ヨーロッパに行かれたのですね!
    旅行って、写真を撮るけれど、他のことの記憶が曖昧になってしまいますよね…
    なので、記録代わりのこのブログでもあります(^-^)
    確かに、最初トラムに乗るときはドキドキしました。どこから乗るのか、降りるときどうするのか、
    他の人のをじーっと見たりして(笑)
    でも慣れたらとっても便利な乗り物でした!

  8. Misa Says:

    うさぎさん、こんばんは☆
    少し待てばすぐ来るし、色々な路線があるので大抵の場所はカバーされていて、
    とても便利でしたよ!
    抜き打ち検札は、時々みたいだけれど…でも、目の前で行われると、
    ちょっとドキドキしました。何もしていないのにな~。小心者です(>_<)

  9. Misa Says:

    ミンタカさん、こんばんは☆路線図を画像として記憶する・・・それも私にはムリです~(泣)外国人の友人の中に、漢字を画像として記憶しているひとがいました。でも、路線図はムリです~!!!!!スオミ語…ひー…全然わからないけれど、どこでも併せて表記されている
    スウェーデン語も全くわからなかったです。
    日本では全然おなじみではないからな~(言い訳)。
    いやっ、ホントに、ぜひ言語ネタ、また続けてくださいね♪
    「乗り鉄」の毎日、本当に楽しかったです。
    観光名所の各地を回るトラム「3B/3T」は、8の字にぐるーっと回っていて、
    一度も降りずに一周できるんです。時間があればやりたかったなあー。

  10. Misa Says:

    Auroraさん、こんばんは☆
    いえいえ、几帳面だなんて…恥ずかしいです!
    でも、なかなか情報がなくて、とにかく全てのプランを自分たちで立てたので、
    トラムの路線図は必須でした~!
    そうなんです、路線図があっても、停留所が読めないので大変でした。
    もう勝手にメチャチメャな読み方をしていました。トラムの路線図は、同行者むーちゃんが大活躍でした。
    私は路線図を見ていると、目がぐるぐるしてしまって(@_@)
    色々なトラムが走っていて、写真を撮るのも楽しかったです。
    Auroraさんもご一緒に楽しんでくださって、どうもありがとうございます~(^▽^)♪

  11. Misa Says:

    Hamarさん、こんばんは☆トラムは一時廃止の予定があったそうですが、今は街の生活そのものであり、それが風景に溶けんでいて、本当に芸術性が感じられるんです。検札員の人たちが乗ってきたとき、人ごとながら、誰かズルしていたらどうしよう…なんて思ったのですが、そんな考えを持っていた私が恥ずかしい(>_<)ホント、感動しました!

  12. Misa Says:

    タロさん、こんばんは☆
    そうなんですよ~。ばりばりの外国でしたー。アジアにありがちな、怪しい日本語すら
    全くありませんでした(笑)
    そっか、タロさんはスウェーデンを応援していたんだよね!ファンランドはスウェーデン語も公用語なのだけれど、
    どちらにしても全然わかりませんー。
    座席の模様、とってもラブリーでした。まだしばらく旅行記続くので、お時間あるときにまた来てね!

  13. ひだまり Says:

    Misaさぁ~ん、こんばんは~☆
    (o^-^)ヾこヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*)ん(o^-^)ヾは
    Misaさんの温かなメッセージ、とっても嬉しかったですよ。
    ひだまりがブログをお休みしている間に、Misaさんが「鉄子」になっていて・・・ww
    しかも海外の鉄を堪能したなんて、とっても羨ましいですよぉ~^^
    ひだまり、熊本や大阪で路面電車に乗ったことはあるんだけど、ヘルシンキのトラムの乗り心地は
    どうですか?
    Misaさんの写真を見ていると、羨ましくなって、今夜も「乗り鉄」してる夢を見ちゃいそうですよ(^^;
     
    ひだまりが「ちまき」や「笹団子」を作る時は、Misaさんに取材をお願いしまぁ~す。
    だって、Misaさんが取材してくれると、どんなものでも美味しくなる魔法をかけてくれるから・・・ねっ^^
    Misaさんのレポはいつも素晴らしく、ひだまりのことを楽しませてくれていますよ。
    Misaさん、いつもありがとうございます^^
     

  14. Nami Says:

    トラムのある街っていいなあ。
    トラムと街並みが調和していますネ。
    お写真拝見。いろんな車両があって楽しいですね♪
    全部乗ってみたくなるよネ。(^^)

  15. ポルカ Says:

    北欧の街はきれいですね。
    ヨーロッパで貧乏旅行をして10年たちきおくもアヤシクなってる僕です。
     
    北欧には行ったことありませんけどね・・・・。
     
    うらやましいです。
    外国で路面電車とかバスに乗るのは僕にとってはかなり勇気がいる事でした。
     
    ・・・・・・・羨ましい。

  16. うさぎ Says:

    こういうトラムでの旅 いいね
    きれいな車内 車体もかわいい
    ちゃんと皆乗ってるのね^^
    抜き打ちで検札くるんじゃ 不正できないか^^

  17. ミンタカ Says:

    ふっふっふ。(^^)v路線図を暗記することに関しては、私は天才的だったりする。いや、「暗記」というより「画像」として「記憶」するんですけどね。今では1路線だけになってしまいましたが、40年前の都電の「路線図」を今も、覚えています。 それは、さておき。 スオミ語は「ひらがな」にしてもらったほうが、日本人には、スッキリしますね。たとえば「Rautatieasema」と「ローマ字」で綴られるよりも「らーうたちぇあせーま」と表示されたほうが、すっと、頭の中に入ります。スオミ語は「ウラル・アルタイ語族」の言語で「母音調和」が見られる言語です。「母音調和」とは‥‥‥いや、詳しいことを話すと、めっちゃ長くなるので、この辺で、失礼。(^^ゞそうそう。前回で話し忘れていたのですが、スオミではスウェーデン語も「公用語」になっています。しかし‥‥‥「インド・ヨーロッパ語族」の中でも、アイスランド語と並んで、めっちゃ、発音が難しい言語なんですけどね。・・・・・あっ、言語について、めっちゃ、薀蓄を垂れてしまって、すいません。(^^;(ちなみに「めっちゃ」という表現は‥‥‥)(いい加減にしなさいっ! ばさっ!)(うっぎゃあぁ~~~っっっ!!!)(笑) えっと‥‥‥(^^;ゞ何が一番、言いたかったかというと、スオミの「トラム」、本当に、ステキです。「乗り鉄」が好きな私は、きっと、一日中、乗り回していたでしょうね。(^o^)

  18. Aurora*★。・゜ Says:

    ・。*◆Misaさん 今晩は!★*。・
    さぁ♪ 今夜はトラムで街中におでかけですね♪゜*(´▽`*)b゜*。・☆
    Misaちゃん几帳面でいらして ちゃんとトラム路線図コピーして 自作の
    ガイドブックに貼ってあるなんて・・・ 準備万端! とっても尊敬します♪(´・ー・)v 
    これが あるのとないのじゃエライ違いですよね♪ 前もっての準備、Misaちゃんさすがですネ☆*。・
    あ、でも・・ 車内でのボードで 停留所の確認ってところで 私には、きっと無理です・・(≧ο≦)ゞ
    グルグル回って ドコまででも降りれず行ってしまいそうです。スエーデン語と フィンランド語の表記なのに
    自分たちで 街の中を回れるなんて・・Misaちゃんたち すごいです♪☆ トラムもいろんな種類があるのですねぇ♪
    建物や 車なんかも 北欧に来たなぁって 感慨深くなりますよね♪ 木製のトラムってシックだなぁ・・☆
    Barトラムっていうのも 実に洒落てますね♪ う~ん、ヘルシンキの街並みとトラム 素敵です☆*。・
    とっても 楽しませていただきました♪ Misaちゃん 素敵な写真も 見せてくださってありがとう!(´・▽・)v
     
     
     

  19. Hamar Says:

    路面電車までが街の雰囲気のひとつになってるって、
    芸術性を感じますね。
    チケットをいちいち確認せずに、たまに抜き打ちでチェックするっていう
    システムは聞いたことがあるんですが、
    みんな、ズルしてないんですね。
    本当に、当たり前のことなんだけど、感動!

  20. タロ Says:

    こんばんわぁ♪
    ほぉ~・・・・へぇ~・・・・そうなんだぁ・・・・と、いつもながらに感心してしまいました(笑)。
    Upされた写真の外人さんを見て・・・・やっぱし外国なんだなぁと今更。サッカーではスウェーデンを応援しているのにもかかわらず、スウェーデン語ってあるんだぁ・・・って(笑)。
    座席の細かいところも見逃さない辺りが。『さすが姫っ♪』とうなりました。この旅行シリーズもとってもGOODだねっ☆(^▽^笑)

  21. Misa Says:

    Uさん、こんばんは☆
    トラムが街に溶け込んでいて、そこを通るだけで絵になっていました(^-^)
    日本の路面電車も風情があるのだけれど、また違う感じで、
    見ていて楽しかったです!
    路線図はかなり苦労しました。私が方向音痴で…一緒に行った彼女が路線図担当でした(笑)
    私もこの中だと一番、木製トラムに乗ってみたいです♪可愛らしいですよね!

  22. Says:

    トラム、町並みに合ってますね!
    最後の写真がポストカードみたいです^^
    日本の路面電車とは一味違いますね!
    それにしても、路線図色々混じってて迷いそうですね><
    普通の人が乗れないようなトラムもあるなんて・・・☆
    木製のトラムが可愛くて気になります^^


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中