もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

ヘルシンキにて  エスプラナーディ散策 2008/06/16

Filed under: ヘルシンキ旅行記 — Misa @ 8:46 PM
 
ヘルシンキにあるお店は、ほとんどが日曜日お休みです。
うーん、日本では考えられません。(昔の日本はそうだったのかも。。。)
例えば路面店などは、平日でも18:00には閉店してしまいます。
土曜日はもっと短い営業時間。
ショッピングセンターやスーパーは、日曜日でも夜までやっていますが…。
1週間ほどの日程だと、どうしても土日が入りがち。
なので、今回の旅行は現地に日曜日の夕方着き、次の週末が来る前に日本に帰るという日程にしました。
 
日本を日曜日に出発し、ヘルシンキのホテルのチェックインして一息ついたのが、同じく日曜日の17:30過ぎ。
まだまだ陽は高い。
でもお店は何もやっていない。
ただ、着いたばかりの知らない街の様子を見るには、お店は関係ないしね、と、ホテルを出て、ちょっと歩いてみることにしました。
 
ヘルシンキ市街地の中心に位置する、エスプラナーディ(Esplanadi)
老舗デパートSTOCKMANNのある交差点から始まります。
ここにあるのは、「3人の鍛冶屋像」01エスプラナーディ
裸です。鉄を打っています。人間の労働と連帯を表しているらしいのです。ふーむ。 
 
北エスプラナーディ通りと、南エスプラナーディ通りがあって、その2本の通りの間に
エスプラナーディ公園があります。
南北エスプラナーディ通りには、たくさんのカフェやお店。
フィンランドの建築家、デザイナーとして世界的に有名なアアルト(ALVAR AALTO)が設計した本屋さん「アカデミア書店」    
              02エスプラナーディ   
別棟ながらSTOCKMANNの一部です。これはまた後々ご紹介します。
 
その他にもフィンランドを代表するブランドショップが軒を並べます。
「Iittala」「Marimekko」「Finlayson」「aarikka」「nanso」などなど…
 
   03エスプラナーディ  iittalaのバードシリーズのディスプレイ。カワイイ!
 
 ARABIAのムーミンサマー2008「On The Beach」は、フローレーン(ノンノン)がモデル04エスプラナーディ
                                                           ビキニがセクシー????
 
  05エスプラナーディ aarikkaは自然の中の動物をモチーフにしたインテリアグッズがたくさんあります。
 
 marimekkoのお店のドアノブがキュート!06エスプラナーディ
 
  05-1エスプラナーディ  1921年創業のnansoは、エスプラナーディ通りに交差する路地にあります。
 
他にもムーミンショップや、ツーリストセンターもこの通り沿いにあります。
ただし、この日はぜーんぶ休み。
しょうがないです。日曜日だから。
 
でも、ここにこのお店があるんだねー、なんて、翌日からの滞在に備えて予習をしたりして(笑)
 
19:00過ぎてもお日さまがさんさん晴れと降り注いでいるので、
   08エスプラナーディ
皆さんエスプラナーディ公園に集って、みんなでおしゃべりしたり、お昼寝したり、のんびりコーヒーを飲んだり…
写真を撮っていたら、おーい、こっちおいでよ!07エスプラナーディ なんて手招きされましたけど。
 
   09エスプラナーディ 馬車も通りました!多分観光客用…
 
自転車が多いこの街では、道路もしっかり「歩行者用」と「自転車用」に分けられています。
 何だかほのぼのするような、道路標示。10エスプラナーディ 
 
 
   11エスプラナーディ 通り沿いの銀行を下から写真。重厚感たっぷりです。
 
 
エスプラナーディだけではないのですが、街の至るところにアイスクリームの屋台があります。
ペンギンマークと、雪だるまマークのお店を良く見かけました。
  12エスプラナーディ  ペンギンマークの屋台
 
 雪だるまマークの屋台 13エスプラナーディ
 
老若男女…子供だけではなくて、いやどちらかと言うと大人の方が多いかな。
おじさんもおばあちゃんも、颯爽と歩くお姉さんも、本当に街行く人たちが、アイスをペロペロ舐めながら歩いているんです。
アイス社会!ワンダホーLOVE
 
肌寒い日を避けて、ちょっと買ってみました。キャラメルソフト。 2ユーロ(≒330円)
   14エスプラナーディ  ひーーー。この絶妙なバランス!
く、崩れる~。必死に私もぺろぺろ。とろとろの柔らかいソフトクリームの中には、キャラメルソースがたっぷり。
うーん、甘いっ。
でも、おいし! 何だかこれだけで、ヘルシンキっ子になったみたい。
 
エスプラナーディ通りは、港の広場で終わりです。
この広場には、ハヴィス・アマンダ(Havis Amanda(バルト海の乙女))といって、
1908年に建てられた乙女像があります。
と言うことは、今年でちょうど100歳です。毎年メーデーに、大学生がこの像を洗うんですって。
 
  15エスプラナーディ ちなみに、ヘルシンキの街そのものの愛称が「バルト海の乙女」と言うそうです。
 
乙女像の頭上に、かもめが止まっています…。乙女像の一部かのように。
で、この乙女像のまわりを囲っている、口からお水をぴゅーっと出しているアシカが結構いい味出してます。
 
市民の憩いの場となっているエスプラナーディ、もちろん観光客がお散歩する(ウィンドウショッピングも!)のにも、
とても素敵な場所でした音楽
 
広告
 

10 Responses to “ヘルシンキにて  エスプラナーディ散策”

  1. Misa Says:

    omiさん、こんばんは☆お久しぶりです。
    いらしていただいてありがとうございます(^-^)
    裸の三人衆、私もびっくりしましたよー。一糸まとわぬ姿で、鍛冶仕事ですから!
    熱いよね~、なんて(笑)
    今の時期昼が長い分、冬はきっと午後に入ったらまもなく暗くなるのだなあ、と思うと
    不思議な気がします。
    エスプラナーディ、お散歩にはすばらしい場所でした。
    終点は港です。海風も感じられます(^-^)
    バルト海の乙女は、100歳でも美しくスオミの青空の下立っていました。
    きっと、たくさんの人々の行きかう姿を見つめ続けていたのでしょうネ。

  2. omi Says:

    お久しぶりです☆
    久々に覗きにきました。
    裸の三人衆 衝撃でした。
    夜でも真昼のように明るいんですね。
    でも、むこうの人にとっては、それが日常なんでしょうね。
    エスプラナーディ 素敵な所ですね。
    バルト海の乙女 一目見てみたいです。
    100歳なのに 永遠の美少女 なんでしょうね。

  3. Misa Says:

    Namiさん、こんばんは☆
    お店はちょっと高めだけれど、見ているだけでもうっとりしてしまうような商品がたくさんあって、
    ショーウィンドウだけでもデザインの国、というのを感じることが出来ました。
    公園も、みなさん日の長さを楽しんでいて、アイスを食べたり、コーヒーを飲んだり…
    そのかわり冬は昼が短いということなので、Namiさんのおっしゃるとおり「夏を楽しんでいるんだよ!」と
    いう声が聞こえてきそうでした(^-^)

  4. Misa Says:

    うさぎさん、こんばんは☆
    郵便局、カラフルですよね。日本だと赤のイメージだけれど、
    フィンランドはまぶしい黄色だし、水玉模様があるし…郵便車もすぐに発見できました(^-^)
    お店が早く閉まっちゃっても、いつまでも明るいので、お散歩するだけでも楽しいです。
    気づくと夜10時とかなのですが、ホント、全然夜という感覚がありませんでした!

  5. Misa Says:

    ひだまりさん、こんばんは☆
    一緒にヘルシンキっ子になって、お散歩したらきっと楽しいですよネ♪
    ああー、ひだまりさんのアイス、傾いていますよ~!とか!
    日常ではない場所へ行くときの、どきどきわくわくする、その素敵な気持ちを忘れないように
    少しずつだけれと、記事をupしています。その気持ちがひだまりさんに伝わって嬉しいな♪
    バルト海の乙女…なんて、すっごくロマンチックですよね。
    私が見た海はとても穏やかで、乙女のイメージぴったりでした。
    ひだまりさんは、今でも充分カワイイ乙女ですよ~!私も乙女に近づけるよう、日々精進いたします(笑)
     

  6. Nami Says:

    楽しそうなショッピング街♪
    それに、公園がいいですネ。
    さんざん歩き回って、疲れたら公園で休むって最高だワ。
    ペンギンや雪だるまのアイスも楽しいし♪
    フィンランドの人たち、短い夏を楽しんでいる感じですね。(^^)

  7. うさぎ Says:

    ヘルシンキの郵便局 何もかもカラフルやね~ 派手~^^
    その土地に行ったらマーケットとか街をぶらぶら歩くのがいいですね
    午後7時過ぎてもめっちゃ明るい~ 夜遊びって感覚なくなりますね^^

  8. ひだまり☆☆ニコニコ Says:

    Misaさん、おはようございます^^
    (*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!!
     
    ひだまり、Misaさんのレポを見ていると、ひだまりまでヘルシンキっ子になって、
    Misaさんと一緒にお散歩しているようですよ^^
    だって、MisaさんのレポからはいつもMisaさんの笑顔と、ワクワクドキドキ感が伝わってくるんだもん^^
    ひだまりも「崩れるぞぉ~~」って叫びながら、ソフトクリームを食べてみたいな。
    ヾ(´〇`)ノアーン…((((´~`)モグモグ……(´ー;`)フゥ
    お出かけした時は、やっぱグルメを食べて笑顔になるのが一番!ですよねっ^^
    うーーん、「バルト海の乙女」・・・
    ひだまり姫もこの街で乙女になってみたいよぉ~~。
    Misaさん、いつも心を癒して、みんなを笑顔にしてくれる、素敵なレポをありがとうござま~す^^
     

  9. Misa Says:

    タロさん、こんばんは☆
    帰ってきてから、どんどん時間が過ぎていって・・・「わあー」と感動した街の風景を
    ちゃんと覚えておきたくて、がんばってupしてます。
    いつも見てくれてありがとう!
    ふふふ、アイスクリーム芸術だよね!私もそう思うよ!
    すっごく甘かったけれど、ぺろりでしたよー(^-^)♪
     

  10. タロ Says:

    こんばんわぁ♪
    これまた「へぇ~」としか言いようの無い街の風景っぷりに、タロまでヘルシンキへ行った気持ちになりましたぁ♪こんな気持ちになれるのも”Misa”姫の友達である特権だね(笑)。
    うん、確かに絶妙なバランス!・・・・外国のアイスクリームというだけで、それ自体に芸術を感じてしまうのはタロだけでしょうか?(笑)(^▽^笑)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中