もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

ヘルシンキにて  世界遺産 スオメンリンナへ 2008/06/29

Filed under: ヘルシンキ旅行記 — Misa @ 4:28 PM
 
スオメンリンナ(Suomenlinna)は世界でも大きい、歴史ある要塞の島です。
ヘルシンキ南の沖合いに位置しています。
1991年にユネスコの世界遺産に登録されたこの要塞の島。
19世紀初期まで、スウェーデンがフィンランドを支配していたのですが、敵であるロシア帝国に対する防衛のため
6つの島に駐屯軍の街が建てられました。
スオメンリンナ、とは「スオミの城塞」という意味。
大砲が発達して以来、中世の城のように背が高い建物は狙われやすくなったため、スオメンリンナでは地形に
紛れるように、低く防壁が星型に連なっています。
  
現在では公園として整備され、ここに900人ほどの市民が暮らしています。
「かもめ食堂」DVDについていた特典映像によると、このスオメンリンナに住むことは、ある種のステータスだと言います。
ある意味、セレブ?
自然保護のため、移住者の数が厳しく制限されていて、子供がいる家庭が優先されるらしいです。
多少交通が不便でも、緑の中で暮らすという贅沢なのでしょうか。
 
マーケット広場の近くの港から、スオメンリンナへ行く定期便が出ています。
市営のフェリーのため、私たちが購入したトラムや地下鉄に使える「ツーリストカード」が使えると言います。  
 
せっかくだし!世界遺産だし!どんなのかちょっとお散歩がてら見に行ってみようと、フェリー乗り場に向かいました。
 
HKLヘルシンキ市交通局のこと。この矢印のマークのある乗り物は、ツーリストカードなど市営のチケットで
乗ることが出来ます。 
   フェリー乗り場
           何気に後ろに見えるは、ウスペンスキー寺院
 
ちなみに船に乗るとき、例のごとくだ~れもチケットのチェックをしていません。
メトロやトラム同様、改札、検札がないのです。
船乗り場のゲートには、もしもチケット買わずに乗ったら(要は、タダ乗りしたら)、
罰金○○ユーロ(金額忘れちゃった…でも目が飛び出るほどではなかった)だからね!みたいな
メッセージがありましたけれど。
 
夏季は1時間に3本の船が出ています。
そんなに大きくない船ですが、2階もあるので迷わず階段を上りました。
うーん、海風がいい感じ!
波もない静かな海に船が出て行きます。
まず見えるのが、左手に赤い船底に白のVIKING LINEのロゴがまぶしい、大きな船!
 
   VIKING LINE  すごーい!   
 
 
右手にはSILJA LINE。   SILYA LINE 
                             上部のアザラシ?の絵がめちゃカワイイ!
 
双方とも、フィンランド~スウェーデン間を結ぶ大型豪華客船
こういう船で、ゆっくり旅をするのもいいかもしれないなあー。
 
小さな島々の間をゆっくりと船が進み、約15分ほどでスオメンリンナが見えてきます。
 
上陸!
道路が舗装されていないため、砂利道のような感じです。
ちょ、ちょっと埃っぽいかな・・・ケホ。
 
    上陸
 
アーチを抜けるとそこは、ぱーっと広がる緑の野原と、ずーっと続く石の壁。
 
  木立
 
                                            壁の上がラピュタのよう
 
   教会修繕中 教会は修繕中だったみたいです。それでもその佇まいが美しい…。
 
海岸沿いには第二次世界大戦で実際に使用されていた、潜水艦「ヴェシッコ号」
    潜水艦 お金を払うと内部に入れます。私はもちろん?入りませんでしたが。
 
むーちゃんが「うわっ!」と驚いた声を出したので、よく見てみると、
私たちを走って追い抜いた2人づれのひとりが、中世にタイムスリップ!? モ、モーツァルト!?
                                 ちょっとわかりづらいですが、左側のひと。
この島での野外演劇の役者さんだったようですが、一瞬タイムスリップしたのかと思いました(笑)
 
船着場からどんどん歩いて、小高い丘の上に上ります。
むき出しの岩。強い風。水平線。
 
ここには海へ向かって、何門もの大砲が並んでいます。
島内に残っている石壁と同じように、この大砲もかつてここが戦いのための島であったということを
私たちに訴えているようです。
 
社会科見学のような子供たちが、先生に引率されてフェリーに乗っていました。
彼らは大砲の元で、スケッチをしたり、何かレポートを書いていました。
   スケッチする子供たち  静かな時間。
 
石壁の上には、草が茂り、小さな花々が咲き乱れています。
その光景は、「天空の城ラピュタ」を思い出させます。
この島のどこかで、ロボット兵が小鳥の巣を守っているような… そんな錯覚。
 
今ではのんびりした平和な雰囲気のスオメンリンナは、ヘルシンキの人々の憩いの場となっています。
ワインやサンドイッチを持って、ピクニックをしたり、真夏には海水浴も楽しめるそう。
ちょっと寒そうだけれど。
 
世界遺産という割には、特にこの建物はこうですよ~みたいな説明の看板もないし
(ビジターセンターと博物館はいくつかあります)、
レストランやカフェはたくさんあって、みんなゆっくり寛いでいるし、
大体、お土産やさんがないんです。飲みものやスナック、チョコレートなどを売っているキオスクが時々ある程度。
ガツガツしていないんだなあ…なんて、ちょっと新鮮に感じました。
 
帰りのフェリーものんびり待ちました。
行きよりもちょっと大きな船かな。 遠くに大聖堂が!
                                 青い↓の先には、小さく大聖堂が見えます。
 
 
帰りの方がVIKING LINEの近くを通りました。いやーあらためて、大きな船だなあー。
    行きより間近に見えるVIKING LINE
                    小魚がくじらを見たらこんな感じかな、なんて考えたりしましたスマイル
 
 
ヘルシンキの街から、気軽に訪れることができるスオメンリンナ。
バルト海に吹く風は少し肌寒かったけれど、 優しく咲き誇るたんぽぽの黄色い花々が、
平和の色彩を私たちに訴えているような、とても素敵な島でした。
 
 
スオメンリンナで撮った写真でアルバムupしました写真
よろしければごらん下さい。 
 
 
広告
 

21 Responses to “ヘルシンキにて  世界遺産 スオメンリンナへ”

  1. Misa Says:

    ひだまりさん、こんばんは☆
    ふふふ、ひだまりさんの琴線に触れましたか~?
    私もスオメンリンナへ行って、ずーっと色々考えましたよ。
    船に揺られて、風に吹かれて、海を見つめて、大砲に触れて、お花を愛でて…
    そして、極めつけはモーツァルトです(笑)!
    これは、本当にびっくり&大爆笑でした(^▽^)
    こういうサプライズ、おっしゃる通り、旅の醍醐味ですよね♪♪♪

  2. Misa Says:

    カプセルさん、こんばんは☆
    風がびゅーびゅーでしたけれど、この島では本当に時間の流れがゆるやかで、
    今度行くときは絶対にお弁当持参したいところです!
    ラビュタ、お好きなのですね♪ きっとカプセルさんも、あの光景を見て
    同じことを考えると思いますよ(^-^)!

  3. Misa Says:

    ミンタカさん、こんばんは☆
    フィンランドって、本当にずーっと長い間、戦争に巻き込まれていて、
    自由になったのはつい最近のことなのですよね。
    あんなにきれいな空の下で縛られていた長い時間のことを考えると、
    スオメンリンナの緑がより一層、まぶしく見えました。
    きっとミンタカさんがロシアで語りかけてくれたタンポポたちと同じように、
    スオミのタンポポも私に、そう語りかけてくれたのだと思います(^-^)
     
     
     

  4. Misa Says:

    うさぎさん、こんばんは☆
    乗り物に改札がないなんて、何だかいいの!? いいの!?・・・という
    気持ちになってしまいます。
    でも、みんなチケットちゃーんと買っているんですよね。
    すばらしい!
    いやー、ラピュタのような光景に、モーツァルトが出てきて、本当に驚きましたよ~(笑)
     

  5. Misa Says:

    omiさん、こんばんは☆
    私もスオメンリンナのことは、旅行の計画を立てるまで全然知りませんでした。
    ラビュタ、お好きなのですね♪私は宮崎作品の中で一番好きです。
    この島を歩いていて、どうしてもラピュタのことを考えてしまいました。
    国内の世界遺産は…修学旅行で行った京都・奈良のものは、訪れたうちに入りませんね(汗)
     
    私も実は北欧の国々、今でも時々混乱しちゃいます。
    さすがにフィンランドは覚えたけれど(^-^)
     

  6. Misa Says:

    はるかさん、こんばんは☆
    最初はどうしようか…と行くことをあまり考えていなかったのですが、
    行ってよかったです。
    特に何も無い場所でしたが、戦場だったところが今は平和な時間が
    流れているというのを見ただけでも(^-^)
    タダでさえ北欧は物価が安く無いのに、今はユーロが高いので、日本円換算するとどうしても
    ひどいことに…(泣) でも、旅行の間だけですし、しょうがないですよね(>_<)
    もうちょっと旅行記続きます。またいらしてくださいネ。
     

  7. Misa Says:

    なむぷらさん、こんばんは☆
    イギリスは行ったことがないけれど、イギリスの郊外ってのんびりしていそうな
    イメージです。ピーターラビットが、ぴょんぴょん跳んでいそうな♪
    アジアの街のほうが、もっと…言い方が変ですが、がっついてる!みたいな感じですよね~。
    高いビル建てろー!イルミネーションきらきら~!って(笑)
     
     

  8. Misa Says:

    東風便りさん、こんばんは☆
    海や野原を見渡したのが、久しぶりのことだったので、
    全てがまぶしくて新鮮でした(^-^)
    だから、小さいことにくよくよしなくなるのかも…
    私も、そういうことを意識して、毎日を過ごしたいです。
     

  9. Misa Says:

    Namiさん、こんばんは☆
    写真、見てくださってありがとうございました。
    私もバルト海…今まで全く意識していなかった海ですが、スオメンリンナへいく船の中から、
    ああー、こういう色なんだなあ、と考えましたよ!
    きっと冬はもっと暗い色になるのでしょうネ。
    そして、夏の緑がその分柔らかい色になったのだと思います(^-^)
    SILJAの意味、ちょっと調べたけれど、全然わからなくて…ゴメンナサイ。。。
    でも、ロゴのアザラシについては、こちらに載っていましたー!
    http://www.nettravel-jp.com/cruise/silja/logohistory.htm
    かわいい、マークですよね♪
     

  10. Misa Says:

    ク~さん、こんばんは☆
    街散策は、色んなものを発見できて面白かったです(^-^)
    今回は1都市だけだったし、自由に動くのに多少の勇気はいるものの、

    私の得意なボディランゲージで何とかなりました~(笑)
    限られた日数というのは、しょうがないけれど、またぜひ街歩きの旅に出かけたいです!
     
     
     

  11. ひだまり Says:

    Misaさん、こんばんは~☆
    (o^-^)ヾこヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*)ん(o^-^)ヾは
    いつも素敵なレポ、どうもありがとうございます^^
     
    うーん、世界遺産に、城塞、海風、大型豪華客船に天空の城ラピュタ・・・
    ひだまりが反応するものばかりで・・・(*\’-\’*)エヘヘ
    写真からも素晴らしさが伝わってくるけど、やっぱ現地に行って、風を感じたり、
    歴史の重さも体験してみたいですねっ。
    ほんとだ!モーツァルトだぁ~~(^^;
    目の前を通り過ぎた時の驚きと笑いが伝わってきましたよ。
    ドッキリが体験できるのも「旅」の良さですよねっ^^
     

  12. にし Says:

    時間がゆったり流れているんだな~っていうのが、すごく伝わってきます。
    『天空の城ラピュタ』は、大好きな映画の一つだから、スオメンリンナへ行ってみたいなあ。
    本当にいい旅行してきましたね☆。

  13. ミンタカ Says:

    本当に、スオミは、いつの世も「戦争」に巻き込まれていました。しかし、かつての「要塞」も、今は「平和の象徴」。(^^)市民の憩いの場となっているのが、そのことを如実に証明していますね。私がロシア(当時はソ連)に行った時、「無名戦士の墓」へも参じました。赤々と灯る炎の前で合掌し、「世界平和の実現」を、心に誓いました。そして、その近くにある雑木林や草原を散策していると、そう、やはり、黄色く可愛らしいタンポポの花が咲いていました。(^o^)北国の澄み渡る青空の下で、その可憐なタンポポたちは、こう、私に語りかけてくれたように思えます。 「大丈夫だよ。人間が人間らしくあれば、必ず、世界中が、平和になる」、と。

  14. うさぎ Says:

    検札もなし?ただ乗りできんじゃんって思ってたら 見つかった時の罰金が高いんだ 
    ほな やめとこう (*^д^*)あはっ
    景色きれいやね~~
    急にモーツァルトが出てきたらビックリするよね^^
    天空の空ラビュタに似てるぅ
     

  15. omi Says:

    ごめんなさい。フィンランドでした。。。(苦笑

  16. omi Says:

    スオメンリンナ!初めて知りました。世界遺産は結構テレビで見てるんですけど。
    「天空の城ラピュタ」大好きです。何度も見ました。
    海外の世界遺産に行けたなんて 素晴らしいですね!
    世界遺産は京都の醍醐寺、天竜寺、金閣、銀閣、仁和寺、
    あと、厳島神社に行けたくらいです。
    スウェーデンは空の青さが透き通っていますね!

  17. はるか Says:

      こんにちは♪♪世界遺産っていいですね~~!!!
     なんとも、美しい町ですね~~!!!惚れ惚れします!!! 
     旅に出て、また、ちょと離れたところにぶらっと訪れるって、ステキです!!!
     それにしても食べ物とか、高いですね!!日本が安すぎるのかな???でも、
     やっぱり、安くないと困りますよん。。。
     Misaさんの、ブログの面白さは、格別です\(◎o◎)/!
     また、遊びにきます\(^o^)/
     

  18. なむぷら Says:

    misa さま。
    ヨーロッパはイギリスしか行ったことがないので
    その知識だけなのですが・・・
    こう、先進的・都会的イメージが強いですが
    案外アジアよりずっとずっと田舎でそぼくですよね。
     

  19. M Says:

    空気も空もきれい、自然の中で暮らすと人もおおらかになるんでしょうね。
    こんな暮らし、都会にいても心掛けたいな~と思います。

  20. Nami Says:

    お写真拝見。
    どれも素敵ですが、特に「バルト海」が印象に残りました。
    こういう色をしているんですね。
    「木立」の緑もやわらかくて素敵です。北国の木って、やさしい色を
    していますよね~。
    VIKING LINEの船、強烈ですね。名前負けしてない!
    対照的にSILJA LINEは静かな感じです。SILJAってアザラシかな?
    ホント、絵がかわいいですね。
    フィンランドの世界遺産、一つ覚えましたよ。(^^)v

  21. ク~ Says:

    旅はこうでなくちゃ!!
    観光バスに揺られて時間の制約があって・・・
    チケットは用意されててなんてつまらないよね
    なんだかどこかに出かけたくなりました・・・日本語しか話せないけどね(*^_^*)


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中