もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

新しい本 古い本 2008/08/25

Filed under: その他お気に入り — Misa @ 7:38 PM
 
私は本をあまり買いません。
いつも図書館を利用します。それでとっても気に入ったら、手元に置くために購入します。
先日、久しぶりに本を買いました。
 
   コレ→  01かもめ食堂
 
文庫本が出たので・・・ハードだとかさばるし、高いし。
やっぱりこの話好きだなあ。映画とちょっと違うところもありますが、小説版ならではのまた別の雰囲気がイイ感じです。
ああー、もうヘルシンキに行ったのが遠い昔のよう。
また行かなくちゃ!絶対行くっ!!!
 
 
本と言えば・・・私の好きな「ノルウェイの森」
       02ノルウェイの森
 
これ、今度 映画化されると言うではありませんか!フランス人の監督のもと。
 
ええーーーっ。ショック。。。
やーめーてーーーーー。  
村上春樹さん、OK出しちゃったんですね。
ワタナベくんが、小林緑が、キズキが、直子が、レイコさんが、永沢さんが、突撃隊が・・・・・
ああー、絶対イメージ通りにならない予感。
やーめーてーーーーー。 
私だけなのかしら。
 
 
雑誌に載っている本の紹介コーナーを見て、読んでみようと図書館に行ったら、予約待ち。
先日、連絡が来たので、取りに行ったら・・・
 
    03暗い旅 す、すっごく年季の入ったハードカバー
 
 
 
倉橋由美子著 「暗い旅」04暗い旅
 
裏表紙には、貸し出しの記録が。
    05暗い旅
               36、って、し、昭和!? (日表、だし。)
 
この本が発行されたのは、昭和36年10月。第一刷のようです。定価300円。 
中を開けると、漢字やかなが旧字体ばかり。
 
    06暗い旅      07暗い旅
 
「真晝」とか「驛」とか「證據」とか・・・それから、小さい「っ」は、全部大きい「つ」なのですね。
 
 
他者との自由な関係を認めあった恋の、突然の破綻——“かれ”の失踪。 
“かれ”を捜しに暗い旅へと出発した“あなた”の心は、失われた愛を求めて過去へ  
内 部世界へと退行してゆく。  
だが、絶望は次第にイマジネールなものの中に吸収され、最後に“あなた”は  
一つの小説を書くことを決心する。 
〈ことば〉の自己繁 殖によって反世界の文学空間をきりひらく、倉橋由美子の処女長編。 
(復刊ドットコム 作品紹介より)  
 
 
時代に関係なく、ひとはさまざまなことで悩み傷つき・・・そういうことが坦々と書いてあります。
やっぱり、恋愛って永遠のテーマ。
このお話、全編二人称で書かれているため、最初少しわかりづらく、また、かなづかいのこともあったので
これ完読できるかなあと思ったけれど、意外と(?)一気に読めました。
私の後も、どなたか予約を入れているようです。
こんなに長く愛されているお話、そしてこの本。
すごいなあ、と感動です。
 
最近手にした、本のお話でした。
 
 
広告
 

26 Responses to “新しい本 古い本”

  1. Misa Says:

    tsuruさん、こんばんは☆
    私は読むのが早いです。多分ナナメに読んでます(ズルですね)。
    で、心にぴぴっと来たら、また読みます。何度でも。
    村上作品は、ズバッと入り込むひとと、そうでないひとにきっぱり分かれるみたいです。
    群ようこ、私もエッセイ読んだりしてました。
    目のつけどころが違いますよねー。
    えーと、ドラマをほとんど見ない私ですが、次クールの東野圭吾原作
    「流星の絆」を、クドカンがどう調理するのか…楽しみ。
    クドカン作品も、分かれるみたいですけど・・・私、けっこうLOVEですー。
     

  2. Misa Says:

    Namiさん、こんばんは☆
    図書館を利用できる環境、本当にありがたく思っています。
    本って場所が…それに重いですよね。
    でも、今は大きな本屋さんがたくさんあるので、ちょっとした時間つぶしの
    つもりで寄ったら、1時間過ぎてたなんてことが良くあります(^-^)
    「今月読んだ本」、見ていただいているのですね!ありがとうございます。
    今月もたくさん読みましたー!!!
     

  3. Misa Says:

    田中さん、こんばんは☆
    かもめ食堂、観られたのですね。
    5月にヘルシンキに行ってかもめ食堂を訪ねたときは、感動しましたー。
    小説は、映画とちょっと違うストーリーになっていますが、でも、面白いです!
     
    ノルウェイの森の「突撃隊」は印象に残りますよね~!
     
    今はなかなかお時間がないと思いますが、
    リストアップした本をゆったり読むときが来るのが楽しみですね(^-^)♪
     
     

  4. Misa Says:

    白い花さん、こんばんは☆

    「海辺のカフカ」は、結構そう言われていますよね。
    ノーベル文学賞を狙った文体ではないか、と言う説もあると聞いたことがあります。
     
    それから・・・予約6ヶ月待ち・・・あはは(^▽^)!私も絶対待ちませんー。
    私は、あまり新刊に興味がなくて・・・一番最近興味があって予約した新刊が、
    リサ・ランドール著「ワープする宇宙」でした~。
    5人だったので、すぐでした。
     
    私は図書館に行って…あのたくさんの棚に並んでいる膨大な本の背表紙を見ながら
    さあ、どれにしよう?どれを読もうか?と選ぶ時間が、大好きなんです(^-^)♪
     

  5. Misa Says:

    ♪やまっち3♪さん、こんばんは☆
    「暗い旅」の本、言われてみれば半世紀ですよね。
    確かに皆さん、丁寧に扱われているのかな。
    でも、図書館に行くと、こんな風になってしまいました、という、
    乱暴な扱いの展示もしてあります(カバーやページが破れているものなど)
    ちょっとかなしくなりますね。
     
    「蟹工船」流行ってますよね~。
    ちょっとハードすぎて読めなさそう(弱気)
    「伊豆の踊り子」や「羅生門」は国語でやったきり、読んでいないですー。

  6. Misa Says:

    そうなんささん、こんばんは☆
    いえいえ、そうなんささんに買ってもらった本も幸せいっぱいだと思います(^-^)
    そうなんささんのご自宅の本棚もご立派ですもんね~!
    私はシリーズものでそろえたもの(若草物語とか、風とともに去りぬなど)や
    図書館で借りて気に入って買ったものがちょろっとあるくらいです。
    あとは絵本。買っちゃうんですよね~。なぜか。
    私も宮本輝好きですよー!
     
     

  7. Misa Says:

    バルーンカテーテルさん、こんばんは。
    はい!まさに一番恐れていたことが起ころうとしているわけで・・・
    本のいいところって、いろんなことが想像できることもひとつだと思うのだけれど、
    映像になっちゃうとなあ~。ほら!ほら!と、押し付けられている気がして
    ちょっと辛いです。
     
    「20世紀少年」、面白そうですよね。でも3部作らしいので、
    一気に見たいなあ。それか漫画を読んだほうがいいかな。
     

  8. Misa Says:

    ミンタカさん、こんばんは☆
    最初、この本で「あなたは・・・」と書かれているのを読んで、
    えっ?あなたって誰?・・・と、戸惑ってしまいましたが、
    やはり書くほうも難しいのですね。。。
    ミンタカさんのお話は、どんなのかなあ。純愛。うーむ。
    「星の王子さま」は持っているので「グスコーブドリの伝記」、探してみます!
     
     

  9. Says:

    俺は読書は苦手です・・・でも好き?
    へんでしょ。読むのが遅くて・・・
    なかなか最後までたどり着かない・・・
    ノルウェー俺も上下巻持ってましたが、1/3で読み終えなかったなぁ・・・
    いまはどこやら
    へぇ~かもめ食堂って群ようこだったんだぁ。一時期はまりました。
    今は、東野圭吾読破中です

  10. Nami Says:

    図書館、便利ですよネ。
    私、本が増えると引っ越しが大変なので、図書館利用が基本
    でしたが、今、住んでいるところは図書館通いにはちょっと不便。(;_;)
    逆に、まあまあ大きな本屋さんに買い物のついでに行けるので、
    買って読むことが多くなりました。・・・結構増えてる~。 ^^;
    Misaさんの「今月読んだ本」、楽しみに見ていますよ~♪

  11. Says:

    こんにちは、読書いいですね。
    かもめ食堂は読んだことはないですが、映画は観ましたよ。
    きっと面白い本なんでしょうね、機会があれば是非。
     
    ノルウェイの森は家に上巻しかないので物語は完結していませんが、
    キズキさんや突撃隊の存在は今でも鮮明です。
     
    ガソリンが高騰して以来、図書館に行っていません。
    周りにこれだけ読書家さんがいると触発されますね。
    きたるべきその日のために、読みたいリストをアップしておきます。

  12. 白い花 Says:

    何度もおじゃましてごめんなさい。
    でも、"予約数300、6ヶ月待ちなんてザラです" って、マジですか?
    やっぱり、私は我慢が足りない人間ですね。
    そんなの待っていられません。
     
    余談ですが、
    村上春樹のカフカを読んだとき、
    これ、もともと日本語で書いたのかなってちょっと思いました。
    英語で書いてから、日本語に訳した文章のような気がしませんでした?
    彼って、もとは英語の翻訳していたでしょう。今はイタリア在住のようですが。
    関係ないか・・・
     

  13. やまっち3♪ Says:

    利用者の扱いが丁寧なのですねw 半世紀の月日が流れようとしている「暗い旅」。
    確かに、明るければ日焼けして、紙も黄色く変色しちゃうだろーからなー…。
    「蟹工船」の初版本とか、貸出ししてないですかねw? 超レアな存在になるなw
    「羅生門」とか、「伊豆の踊り子」でも良いけどw

  14. そうなんさ Says:

    こんばんは。
    うわあ、えらいですね。
    私はついつい買っちゃってほったらかし・・・。
    本が泣いているだろうと思います。
    学生時代は読み漁っていたけど、
    最近は本棚を飾っている時間の方が長いかもです。
    ただ、井上靖とか、宮本輝とかは好きなので、
    時々、小説のワンフレーズを読みたくて、
    本棚をあさったりしますよ。
    Misaさんに読まれた本は幸せですね。
     

  15. カテーテル8Fr Says:

    本の映画化って
    けっこう 「やめてほしい!」ってのありますよねー。
    大抵、原作のが良い。
     
    漫画がもとの ドラマとかも最近よくありますが。
    CMしている 「20世紀少年」 のキャスティングはけっこうあっている と思います。

  16. ミンタカ Says:

    うわっ! 「二人称」で綴られた小説ですか!私も挑戦したことがあるのですが、あまりにも難しく、挫折しました。 > だが、絶望は次第にイマジネールなものの中に吸収され、最後に“あなた”は  > 一つの小説を書くことを決心する。 この紹介文、身につまされます。(^^;で、私は、19年前から、ある長編小説を執筆し始めました。現在、40桁×30行(400字詰原稿用紙で3枚に相当)に換算して、既に五千ページに達しているのですが、それは「純愛を貫き通す者たちの物語」です。 ・・・・・しまった。(^^;これは、公表まで、口外してはならないことだったのに‥‥‥。 ま、いっか。(^^) さて、私個人としては、サンテグジュペリの「星の王子さま」と、宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」を推薦いたします。(^o^)

  17. Misa Says:

    なむぷらさん、こんばんは☆
    いやっ、私がすばらしいというよりは、お金や場所を考えてしまうあたりが、
    タダのけちんぼ。。。私も反省。
    本って運命の出会いありますよね。オススメありがとうございます!
    この世の中に、音楽や本って、本当に星の数ほどあるけれど、
    やっぱり自分で見つけ出すのって、限界があるじゃないですか?
    そういうときに、おすすめを教えていただくのって、すごく嬉しいです。
    もちろん、合う合わないがあったとしても、それは人それぞれの感性ですし~。
    こうしてきっかけを下さった、なむぷらさんに感謝! 早速、検索してきますー!

  18. なむぷら Says:

    misa さま。
    図書館に行かれるあたりが素晴しい☆
    私は・・・活字中毒なところがあり、専門誌からマンガまでなんでも読みます。
    本を購入する事にためらった事がありません・・・反省。
    最近はそれでも、言い訳ですが本屋に行く時間もあまりなく、
    運命の出会いもしていないので全然読んでいません。
    misaさんがもしやお好きかな?かつ、もしまだ読んでいなければお勧め!を少し・・・
    ①坂口安吾 わたしは海に抱かれていたい
    ②遠藤周作 わたしが捨てた女
    ほんとに最近、小説読んでませんね・・・反省。
     
     
     
     

  19. Misa Says:

    omiさん、こんばんは☆
    お久しぶりです♪いらして下さって嬉しいです(^-^)
    本を読むのは好きだし、ジャンルも特にこだわりはないです。
    でも、この作家さんの言い回しとかダメ…と思ったら、もう絶対読まない、イヤーな読者です(笑)
    「ノルウェイの森」、最後がーんですよね。いろんな意味で。
    でも私はあの本に出てくる人たちが大好きなんですー。
    「暗い旅」は、あんなに暗いとは思ってもいませんでした(^^;) これもインパクト大です。
    確かに、この説明文は作品にも負けず、強烈ですー!
     
    徳永英明!なんてタイムリーな。
    私はつい先日「抱きしめてあげる」を聴いて(PVを観て)、泣きそうになりました。
    おとめ座のomiさんに負けないくらい、センチメンタルMisaです(^-^)
     

  20. Misa Says:

    東風便りさん、こんばんは☆
    おっしゃる通り、本の値段高いですよね…ハードカバーだとすぐ2000円くらい
    行ってしまいます。なので、いつも図書館や古本屋さんを見ています。
    アガサ・クリスティーは、私も読みましたよ!中学1年のときに「そして誰もいなくなった」を
    初めて読んだのですが、登場人物が覚え切れなくて大変でした(笑)
    やはり中学生くらいのときに読んだ「レベッカ」というミステリー(というのかな?)小説は、
    今読んでもすっごく面白いです!
    私も、眠くなるときたくさんありますよ~。そういうときは寝ちゃいます(笑)

  21. Misa Says:

    白い花さん、こんばんは☆
    たくさんのコメントありがとうございます。
    何度でもいらして下さい~♪ 大歓迎です!
     
    かもめ食堂を読んでヘルシンキに行ったのではなくて、ヘルシンキに行くので
    かもめ食堂を読んだ(映画も観ました)のですが、
    きっと順番が逆でも、私はヘルシンキに行きたくなっちゃっただろうなあと思います(^-^)
     
    私も以前はすぐ本を買っていたのですが、場所もいっぱいになっちゃいますよね。
    結局、読んだ本は古本屋さんに持っていったりしていました。
     
    私は住んでいるエリアの中で一番大きな図書館にいつも行きます。
    ちょっと離れていますが…近くの図書館は小さいので、そこに比べると蔵書が多いです。
    また、インターネットで検索・予約のシステムもあるし、便利です。
    ただ、人気の本などは、予約数300、6ヶ月待ちなんてザラです(^-^)
    図書館をおおいに利用できるという点では、私は恵まれているのだと思います。
    アマゾンも便利ですよね。他にも今は、コンビニと提携しているシステムもあって、
    お店に取りに行くという、便利な買い方も出来ますよね。
     
    村上春樹は好きです。あの独特の世界、たまりません。
    カフカも読みましたよ(^-^)
    私が彼の作品で好きなのは「ノルウェイの森」と「国境の南、太陽の西」です。
    ちょっと暗い話ですが・・・
     
    最近古い本の表紙がリニューアル(というのかな)されて出版されているの多い
    ですよね。名作の漫画シリーズなどもたくさん出ています。
    たくさんの人が読むきっかけに出来ればいいのかな。

  22. 白い花 Says:

    何度もおじゃまして、ごめんなさい。
    私もMisaさんを見習って、図書館通いしようかな。
     
    でも、田舎と都会の差があるのかもしれませんね。
    それと、神戸市は地震以来、金欠で、なかなか新刊を依頼しても、買ってもらえないんです。
    以前、図書館で新刊の購入を頼んだことがあるのですが、半年も待ちました。
    それで、5000円までなら、もう自分で買うぞ、と決心した次第です。
    新刊でなければ、アマゾンの通販で、古本を探したりもします。

  23. omi Says:

    misaさん おひさしぶりです~^^
    愛読家なんですね。
    色々と趣味の幅が広いですね。「かもめ食堂」
    「暗い旅」興味がそそられます。特に「暗い旅」。。。
    「ノルウェイの森」何年も前に読みました。すごいインパクトのある
    ストーリーでした。最後の結末、ショックでした。。。
    「他者との自由な関係を認めあった恋」
    「<ことば>の自己繁殖によって反世界の文学空間を切り開く…」
    「暗い旅」 作品紹介も強烈ですね。
    最近はめっきり本を読まなくなってしまいました。。。
    ひたすら「徳永英明」を聴いています。
     

  24. M Says:

    こんばんは。最近は本離れで本屋さんも出版業界も苦労しているといわれてるようですが、原因の一つは本の値段ですよね。 私も「読んでみたいな」と思って、値段を見ると躊躇してしまいますよ。  一度読んだら、いいものは何年も記憶に残っていますし。 Misaさんも若いのに本が好きなんて偉いですね。私は昔から、アガサ、クリスティーとか、シャーロック、ホームズとかが好きで 読み始まると先が気になって一晩中読んでしまったことがあります。  若さですよ。 今は、すぐ眠くなってしまいます。(笑)
     

  25. 白い花 Says:

    前のコメントですが、文章をきちんと直そうと思ったら、手が滑って、投稿されてしまいました。
    見苦しい”が付いていたり、ごめんなさい。
     
    倉橋由美子の本、そんなに古いのですね。
    そう言えば、最近、古い本がまた出てきていますよね。
    本屋さんに並んでいるあたらい表紙のデザイン見て、”えっ”と驚いたりします。
    なんか感じが違うんですよね。古い人には・・・
     
     

  26. 白い花 Says:

    ヘルシンキに行かれたのは、その本に触発されて、ですか?
    私は、本はたいてい買ってしまうので、置く場所がなくなって困っています。
    図書館で借りようと思っても、直ぐ思うのがなくって、待たなければならないでしょう。
    気が短いのか、それが待てないのですよね。
    お寿司が食べたいと思っているのに、それがなくって、気が変わってカレーがと思ったときにお寿司が来るって感じなんですよね。
     
    村上春樹、お好きですか。”ノルウエーの森も”けっこう古いですよね。20年くらい前?
    売れっ子だから、映画化もあるのですね。
    ”最近の彼の作品で”海辺のカフカ”は読まれましたか。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中