もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

フーバーダムへ! 2009/01/07

Filed under: ラスベガス滞在記 — Misa @ 7:38 PM
 
年を越してしまいましたが、12月に行ったラスベガスの滞在記の続きを綴ろうと思います。
 
 ***
 
Richardの趣味は釣りだけれど、今はひとりでは行けません。
数年前怪我をして、足が少し不自由になってしまったのです。
ただ、釣り仲間の友人達と時々海釣りをしに行くみたい。去年メキシコへ行ったときの写真を見せてくれました。
普段はいつもは大体家にいるそう。でも、滞在中は私に色々と声をかけてくれました。
 
朝ごはんが終わってから、「Misa、今日はどこか行きたいところがあるかい」
「うーん、よくわからないけれど、どこか行きたいなあー。」
そう言うと、彼はちょっと考えて、「じゃあ、ドライブに行こう。20分後に。したくをしておいで」
 
行き先はフーバーダム(HOOVER DAM )
 
ラスベガスのは砂漠の中にぽつんとある街。
その近郊の観光地というと、アメリカ人は真っ先にフーバーダムをイメージするそう。
もともとは南カリフォルニアの洪水対策や、農水用に建設されたこのダム。
技術的にも政治的にも歴史的にもアメリカにとって大変重要な意味を持つ建造物で、
今でもその存在感はまったく衰えず、現役の水力発電所としても稼働しています。
 
規模も大きいのですが、注目するのは着工時期。1931年(昭和6年)着工1936年(昭和11年)完成という、
世界が貧しい時代にたった5年で作り上げられました。
 
膨大な数の建設労働者たちが毎晩ラスベガスで遊ぶようになり町は栄え、完成後も豊富な電力の元で
カジノホテルを始めとする新しいビジネスが次々と誕生していきました。
もしこのダムが存在していなければ、「光の洪水」 も今日のラスベガスの繁栄もなかったそうです。
 
車を走らせてから40分ほどでミード湖(LAKE MEAD)が見えてきます。
 
 
 
グランドキャニオンから流れ出て来るコロラド川の水がフーバーダムによってせき止められてできたこの湖は、
日本の琵琶湖の約2倍ほどの広さがある大きな人造湖です。
ここではウォータースポーツが楽しめます。
以前ここでは、私ボートに乗りました。Richardがボート持っていたので。
いや、乗ったというか、運転した!(船舶免許不要で乗れます) 絶叫しながら!
この絶叫操縦の様子は、ビデオに撮られていて、今でもFayたちの間では伝説に…(汗)
なつかしいな。
 
今では雨も雪も減っているため、湖面の水位が30メートルも低下してしまったそう。
ボートの乗り場も湖まで車で10分かかるため、現在はボートに乗ることが難しいとのこと。
 
   どう?私の愛車…
 
と言いたいところですが、途中トイレ休憩のときに、停めてあったコルベットの横で勝手に撮影(笑)
 
しばらく走ると、山道になりカーブも増えてきます。
 
さあ、ここがフーバーダム。   
 
現在ハイウェイのための新しい橋を建設中なのですが、これがまたすっごい高いところに作っていて、見ているだけでぞわぞわします。         
 
    真下を通ったところ
 
 
  高い・・・   
 
     遠目で見たところ
 
 
結構ひとがたくさんいます。ツアーも人気のようで、ダム建造物の中に入れるようです。
 
   
 
・・・あれ、Richard、車停めないの?フーバーダムに行こうよ、と言っていたのに、
実は彼の目的は違うみたい。どんどん車を進めていきます。
 
何もないところをひたすらまっすぐ。
 
 
    まわりは荒れた大地
 
 岩を切り開いて道路が続きます。    
                         この道を4~5時間行けば、グランドキャニオンに着くそうです。
 
「ほら!川が見えるかい?あそこへ行ってみよう!」
あ、ホントだ、川が見える…  
 
到着したそこは、コロラド川
 
「ここは僕のお気に入りの場所なんだ。昔はよく釣りにきたものだよ。
あっちはメキシコへ続いているんだよ。」  
   
この地に大雨が降ると、その雨水は鉄砲水となり、この川へ勢いよく注がれます。
「あの辺にホテルがあったんだけど、何年か前に洪水で川に流されたことがあって、もう今は更地になってるよ」
 
こわー困った
 
でも、そんな光景が全く浮かばないほど、この日は穏やかな姿のコロラド川。
 
川の向こうは、ラスベガスがあるネバダ州。私が立っているのは、アリゾナ州
この川が州境になっています。そして、2つの州は時差が1時間あります。
こちら側とあちら側。
人間が決めた時計の針は別々に動いています。
 
誰もいない、静かな静かな時間。
 
    
                                      鏡のような川面。
 
しばらくベンチに座って、川の流れをじーっと見ていました。
Richard、本当に素敵な場所だよ!連れてきてくれてありがとう。
 
「さてと」。
と、Richardが腰をあげて、次に向かった先…
 
フェンスに囲まれた、ナゾの敷地。
えー?ここどこ?入っていいの?
何人か男のひとたちがいて、Richardが彼らに何か伝えると、どうぞどうぞ、とフェンスを開けてくれました。
 
Willow Beach National Fish Hatchery
ウィロービーチ国立魚卵孵化場とでも訳せばいいのか・・・
ここは、ニジマスなどをはじめ、絶滅しそうな魚の卵を自然界から採取して、人工的に孵化させ、
また川に戻すというプロジェクトが行われています。
 
魚の成長別に、水槽が分けられています。  
  
    私が歩くと、魚たちは大興奮。ごはんの時間だと勘違いしています。
        うわー、ばしゃばしゃすごいよ~。
 
どう?クールでしょ。と言わんばかりのRichardの顔。
 
そ、そうだね…でもよく考えてみたら、ラスベガス来て、マスの孵化場見学なんて、イケてるような!
だって、こんなの、他の誰とも同じじゃないし!
最後に事務所に寄って、ぜひサインをしていってくださいね、と係員の方にすすめられ、
名前のあとに、TOKYO JAPANと書いておきました。
日本人…今まで何人来たことあるかなあ。最初で最後だったりして(笑)
 
パンフを頂きました。
 
帰り道、水槽の脇にこんな表示。
 
     の、飲みませんよ…(汗)
 
帰りもまたぐるーっとフーバーダムの回りを走って帰りました。(結局ダムでは下車せず)
 
よく見たら、NEVADA TIMEARIZONA TIMEの表示がありました。  
                                                          これはNEVADA TIME
 
さっきも書いたけれど、時差があるのが不思議~。ツアーの集合とか大変そう!
 
 
なんだか普通の観光っぽくないドライブで、大満足。
とにかくコロラド川のあの景色、本当に素晴らしかったです。
ありがとう、Richard
 
 
※フーバーダム、ミード湖の説明は「ラスベガス大全HP」を参考にいたしました。
 
広告
 

49 Responses to “フーバーダムへ!”

  1. Misa Says:

    Elwood mainさん、こんばんは☆こちらまで来てくださってありがとうございます。本当に私もそう思います。こんな国と戦争していたんですものね。日本が食べるものがないのに、トムとジェリーの世界では冷蔵庫にお肉も野菜もチーズもたーくさんですものね。そうかー、今日本でも違う意味でダムがニュースになっていますね。一体どうなるのかしら。mainさんは車にお詳しいから、お話聞いているだけでも楽しいですー。名車も不景気の波に飲まれそうなのですね(>_<)。。。

  2. Misa Says:

    sakuraさんここまで見に来てくださってありがとうございます!この青い空。。。この空の下でsakuraさんも過ごしてきたのですよね!東京の青空とは全然違いますよねー!えええ、黄色いコルベット、そうなんですか?流行っているのかなあ。ラッキー・カーとか!?そのコルベットの隣でアホな写真を撮ってしまいましたが、これもまた思い出です♪ふふふ♪

  3. main Says:

    こんばんは~♪アメリカって、本当に「すごい!!」の一言ですね。こんな大きな国と戦争したなんて、なんて愚かなことをしたんだ!!と思ったものです。フーバーダム、景気対策で作ったダムですね、当時は公共事業の経済波及効果がいっぱいあったようです。八ッ場ダム・・・中止にしろ継続にしろ、今まで何年かかってるの?と思わず調べちゃいました(笑。素晴らしい友との旅行、シボレーコルベット(R66で主人公達=ジョージ・マハリス&マーチン・ミルナー)が乗ってた車ですね~、独特なツーシーター 名車でしたね、そのシボレーもGMの一部門・・・消えそうなのは寂しいです(-ω-;)ウーン。

  4. sakura Says:

    こんばんは!とっても詳しい記事で、何となく観てきたsakuraにはとても参考になる記事でした。ありがとうございます。そう…この色!この青い空ですよね~これがラスベガスです! それにやっぱりコルベット。しかも黄色いコルベットばかり見ました。あちらでは黄色のコルベットが流行っているのでしょうか…その横でポーズをとっているMisaさん素敵ですよ~

  5. Misa Says:

    Jasmineさん記事読んでくださってありがとうございます。本当に今回は彼らにはお世話になったし、普段経験できないような場所に連れて行ってもらったりして、感謝の気持ちでいっぱいです。本当は彼らにも日本の風景を見せてあげたいけれど、Richardは心臓疾患があり、飛行機に長時間乗ることができません。なかなか会えない分、言葉の壁はあるけれど気持ちが通じた瞬間がたくさんあって、素晴らしい時間をすごすことが出来ました。おうちごはん…いつもよりもだいぶ食べていたので、何か私調子に乗っちゃったかもしれない感たっぷりなのですが…(汗)おもてなしが嬉しくて嬉しくて、やっぱり調子に乗ってよかったかな、なんて思ってます(^-^)

  6. Jasmine Says:

    遡って記事を拝見しています。すごく、すんごく、すんごぉぉぉくステキな旅をされましたね。本当にステキ。羨ましいです。それにしても・・・おうちご飯の記事・・・読んだだけで満腹です。ホストのおもてなしにちゃんと応えて完食されるMisaさんは本当に偉い!

  7. Misa Says:

    ミッキー・フォールさん、こんばんは☆早速聴いてみました!それで、写真をもう一度見て…懐かしい意味での深いため息をひとつふーっと(^-^)。ありがとうございます♪トラムの記事も見てくださってありがとうございます!これからコメ拝見させていただきます~(^▽^)

  8. ミッキー・フォール Says:

    タニヤさん調べて下さったのですね~♪私もコメントの後で探したのですが、見つかりませんでした。。^^;代わりといってはなんですが・・・・Judy CollinsさんのSomeday Soonがありました!http://www.youtube.com/watch?v=_ugAjvo7XkE遅くなりましたが、コラムのある風景にコメントなんかも入れてます。。。^^v

  9. Misa Says:

    ひざまりさん、こんばんは☆あはは(^▽^) すごいでしょ?愛車…なあんて。私、ペーパーなんですよ~。「私は日本のゴールデンドライバーなの。ライセンスを持っていて、ずーっと事故も違反もないの。・・・ところで、アクセルはどっちだったかしら」という、ベタなギャグ?がラスベガスでウケまくりでした(笑)レースクィーンだなんて…ひやー、もうちょっと体をどうにかしないと!お魚たちもたくさんえさをもらっていて、きっと食いしん坊になっているから、同じオーラを感じたのかもしれませんネ(^-^)限りなく続く大地、まぶしい空の下でのドライブ、本当に素晴らしい時間を過ごすことができましたよ(^▽^)♪

  10. Misa Says:

    美香さん、こんばんは☆そぉだー。美香さんは車に詳しいのだった…私は、この車の名前も知らずに、教えてもらって、あー、なんだかすごい名前だ!写真撮っちゃお!みたいな感じだったのですが。もう1ヶ月前になっちゃう。時間の流れの速さに目が回っています(@@)

  11. Misa Says:

    h.z.dさん、こんばんは☆空気はとても乾燥していましたが、私も夜空の星が気になって…夜は基本的にRichard&Fayのおうちにいたけれど、バルコニーからはとてもきれいな星空を見ることができましたよ。繁華街はネオンで全く見えないと思いますが…(^-^)以前ご紹介したレッドロックキャニオンや、このフーバーダム、ミード湖での星空はもっとすごいんでしょうね!私は一度、天の川というものを見てみたいです。

  12. Misa Says:

    Hornets48さん、こんばんは☆そうですよね~、ベガスにいらっしゃったのなら、この辺もよくいらっしゃっていたと思います。今では湖の水位が下がって、本当にびっくりするほど…ボートの乗り場から湖までの距離が全部干上がってしまって、レジャーもあまりできないようなんです(>_<)Hornets48さんが釣りに行かれていたころとは、ちょっと違っているかも…早く元の通りになればいいのですが…。えっ、居眠り運転!? 怖いこと言わないでください~!!確かにまわりは何もないし、車もあまり通らないけど…(汗) 何もなかったですよね?

  13. Misa Says:

    白い花さん、こんばんは☆そうなんですよ~。水位が30メートル下がったと聞いて、えっ、3メートルじゃ???と思ってしまいました。とにかく雨や雪が少なくて、いわゆる異常気象の波がここにも押し寄せているようです。外国の空の色って、日本のものとはちょっと違いますよね。青が濃いというか…そんな空の下でのドライブ、本当にクール!でした(^-^)ぜひ一度アメリカへ!私は西しか行ったことがないんですけれど…(^-^;

  14. Misa Says:

    ☆ちえみ☆さん、こんばんは☆まっすぐの広い道、限りなく青い空、ちえみさんがここにいらっしゃったら、たくさんの言葉で素敵な詩をつづるのだろなあ~と思います(^-^)♪

  15. Misa Says:

    ニコラスさん、こんばんは☆空気も乾いていて、からーっと晴れた空は、どこまでも青くてきれいでしたよ!コルベット…これ、一体誰のだったのかなあ。誰も回りにいなかったんです…トイレ中だったかしら(*^-^*)

  16. Misa Says:

    たんぽぽさん、こんばんは☆ベガスの街は人工的な雰囲気なのですが、少し郊外へ出るとこうやって自然がたくさんあって、その偉大さに圧倒されっぱなしです。海外へ行くと日本の素晴らしさもたくさん発見したりして…いろんないいところを、もっと知っていきたいなと思います(^-^)

  17. Misa Says:

    omiさん、こんばんは☆この日の始まりは、とくに予定もなく、のんびりとした始まりだったので、こんな充実した一日になるとは思っていませんでした。Richardはこっそり計画していたのかもしれないけれど…(^-^)フーバーダムの名前、ご存知だったのですね。私はあまり知らなくて…実際にこの目で見て、そしてその歴史を少し調べて、あらためてアメリカの大きさ(いろんな意味での)を知りました。wikipediaによると、この5年で作られた背景には、122人もの熱射病での死者が出たようです。たくさんの犠牲の上に建てられたダムなのかもしれません。5年というのはすごすぎですよね(@@)omiさんの近くには川が流れているのなら、きっとomiさんがこの地に立ったら、ふるさとの風を感じるかもしれませんね。私、この場所とても好きになりました。omiさんの近くの川と似ているかなあ。ベガスで魚の孵化場という、ちょっとマニアな場所へ行きましたが、川のお水は…飲んじゃだめですよ~。きっと目に見えないものがウヨウヨ…(恐)でも、実際の川のお水は澄んでいてとてもきれいでした。思わず飲んじゃったひとがいたのかな。でも問題アリだから、警告されているのですよね。飲んじゃったひとは大丈夫だったのかな…

  18. Misa Says:

    あまえびさん、こんばんは☆私もよく知らなくて、この記事を書くにあたってミード湖を調べていたら、こんなに大きいんだ!とわかった次第でありまして…。琵琶湖行ったことがないのだけれど、大きいのでしょうね!それの2倍の、それも人造湖というのがすごいですよね…アメリカの広大さ、あらためて実感です!

  19. Misa Says:

    東風便りさん、こんばんは☆なかなかマニアックな一日でした。確かに魚の孵化場なんて、もともとあまりないし、行く機会なんてありませんよね。日本国内でも。川のお水、すっごくきれいだったので、思わず飲んじゃうひとがいたのかもしれませんが、この看板は孵化場の水槽の横にあったので、ここのお水なんて飲まないよっ、とひとり突っ込みしてしまいましたよ(笑)美しい川辺の景色、今でもまぶたに焼き付いています(^-^)

  20. Misa Says:

    はるかさん、こんばんは☆不具合、なおってよかったです!私も写真結構載せるので…たまたま同じ現象でしたしネ(^-^)仕様が変わってから、写真のupのやり方もちょっと変わってしまったけれど、またはるかさんのスペースも楽しみにしていますよ♪私も素敵な写真(食べ物ばっかりですが)、たくさんupしたいと思います(^-^)!

  21. Misa Says:

    史津香さん、こんばんは☆やっぱり、この「DO NOT DRINK」おかしいですよね。私が写真撮ってたら、Richardが「飲んじゃいけないんだよ」と更に解説をしてくれましたが…そうそう、景色が横に長いって、本当にその通りです。視界がぐーんとパノラマモードなんです(^-^)スピードも自然と出ちゃいますよね。多分彼もかっ飛ばしていたと思います。マイル表示なので、あまり深くは考えなかったけれど…(汗)

  22. Misa Says:

    くるみさん、こんばんは☆そうなんですよ、私「hatchery」という単語を知らなくて、この施設に入ったときに電子辞書で調べたんですが…それで、もう「hatchery」を完璧に覚えたけれど、この先もう使わないような…(笑)くるみさん、フーバーダムに行かれたのですね!私はグランドキャニオン行ったことがないんだけれど、下が見える強化ガラス!?こ、こわー。東京タワーにもあるけれど、それとはまたスケールが全然違うような。さすが、くるみさん!私は高所恐怖症ではないんだけど、それはさすがに…でもちょっと興味アリかな♪

  23. Misa Says:

    Indyさん、こんばんは☆本当にスケールの大きさに圧倒されっぱなしでした。大都会のアメリカもいいけれど、大自然のアメリカもまた素晴らしかったです。アメリカにはもっとすごーい場所もたくさんあるのでしょうが…Indyさんが次回アメリカに行かれたら、ぜひ大自然レポートしてくださいネ!

  24. Misa Says:

    そうなんささん、こんばんは☆wikipediaで調べてみたんですが、「ルーズベルト大統領のニューディール政策の一環として建設されたとの話もあるが、着工は大統領就任の前である。」ということでした。ちなみに、このダムは1985年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されているそうです。どうりで観光客が多いはず。。。ぜひツアーに参加してみたいところです。また行かなくちゃ~(^-^)

  25. Misa Says:

    boooさん、こんばんは☆確かにベガスでは、ツアーでは体験できないようなことを毎日経験して、これもRichardやFayをはじめ、回りの方々のおかげだと、感謝しています。アハハ(^▽^) 心と体が雄大なboooさんか~。では私は、女子にしては胃が雄大、ということで(^-^)うっ、このプロフの写真、boooさんの車じゃないんですか?これはわからなかった。boooさんの愛車だと思ってましたよ~(@@)

  26. Misa Says:

    ミッキー・フォールさん、こんばんは☆Tanya Tuckerさんのことを調べたのですが、someday soonを聴くことが出来ませんでした。でも他の曲を色々聴いてみましたよ!このひとの歌声を聴きながら、コロラド川でのんびり・・・素敵ですね!青空の下、まっすぐ続く道ドライブ。今考えるとものすごく非日常的です…夢みたいです。

  27. Misa Says:

    Chiekoさん、こんばんは☆コロラドと聞くと、私はチェーンのコーヒーショップを思い出しちゃっていましたがこれからはこの美しい景色を頭に浮かべようと思います(^-^)

  28. Misa Says:

    abendさん、こんばんは☆本当に見渡す限り、岩山や砂漠なので、普段みている光景と全く違って何もないけれど、そのことに感動していました。マスの孵化場は、かなり大きくて、水槽もたくさんありました。そうそう、コイみたいですよね。私、思わず手を叩いてしまいましたよ(笑)

  29. ひだまり☆☆ニコニコ Says:

    Misaさん、こんばんは~(o^-^)ヾこヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*)ん(o^-^)ヾはスッゲー!Misaさんの愛車!って思ったら・・・(笑)でも、コルベットは他の人のものでも、一緒に写っているMisaさんはレースクィーンみたいにとっても素敵ですよぉ~~^^興奮しているのはお魚さんたちだけではありませんよ。みんなMisaさんの素敵なオーラに引き寄せられていますよ^^こんなに雄大で素晴らしい場所でドライブできるなんてサイコーにHappy!でしたねっ(*^.^*)

  30. 美香 Says:

    車最高!きっと愛車でぶっ飛ばすハイウェーは、気持ちがぃぃんでしょうねぇ♡♡いい年末だったんだね・・・・・うらやましぃ!!!!!

  31. h.z.d Says:

    こんばんは。空の色が、日本と 全く 違いますね。空気も 綺麗なんで しょうね。夜間は きっと 星も 良く 見えるん でしょうね。環境が 良いから、地元の 人達も ストレス なんて 無縁かも 知れませんね。。。

  32. Hornets48 Says:

    うわぁ・・、こりゃまた懐かしいレイクミード&フーバーダム。生まれて初めてバス釣りしたのがこの湖でした。バス釣り、ゴルフが休日の過ごし方だったなー。この湖もラスベガスでは定番のドライブスポットなんですよね。そう言えば、よく居眠り運転してたっけな(w。

  33. 白い花 Says:

    ダムもアメリカ的スケールですね。琵琶湖の2倍、水位が30メートル低下なんて! 桁が違います!!!空の色も、どうしてあんな色になるのでしょう。私が見たキルギスでも地中海でも、あんな色でした。日本の空とは違いますよね。クール! 羨ましいドライブですね!ますますアメリカへ一度行かなければと思いました。

  34. ちえみ☆ Says:

    空の青さが違うね~~~~~~行ってみたい(^o^)/道の広さ。。。全部、素敵ね。

  35. はるか Says:

     Misaさん~~本当に、ご親切にありがとうございました!!! お陰で、原因も、意味も、よくわかりました。。。。 なんとお礼をいったら。。よいか。。見つからないくらい 心から感謝しています。。。。ありがとうございました(>_<)(>_<)

  36. ニコラス Says:

    なんという空の青さでしょう! >どう?私の愛車…スゴ!!!!(笑

  37. たんぽぽ Says:

    きれいな景色ですね(^-^)Misaさんは日本より海外のほうが似合っている感じがして、とてもすてきですよ♪

  38. omi Says:

    こんにちは☆今回も盛りだくさんで、楽しんで見ました!住んだ青空にまっすぐな道素敵ですね!フーバーダム 聞いたことはあるけれど、琵琶湖の二倍の大きさがあるとは。。。びっくりです(*。*)世界恐慌の後に、国家政策の一環として造られたのでしょうか。たった5年で出来ちゃうものなんですね。そして、麗しのコロラド川~~~!!一度行ってみたいです。川はそんなに詳しくないのですが、川辺に立つと、どこの川でも何か故郷に帰ってきたような気がします。川の近くで育ったからでしょうか。。。ベガスにいって、サケの産卵場とは、以外でした。でも、さすがに水は飲まないですよね。注意書きがあるということは、相当喉が渇いた人が、きっと飲んだんでしょうね。(オエ~ッという僕も、川の水飲んだ事あります。

  39. あまえび! Says:

    人造湖でも琵琶湖の2倍ってのはすごい大きさ!こないだ琵琶湖みてきて、広いなぁ…と感じたばかりなのに(笑)アメリカはさすが、景色が広々と感じますね。

  40. 東風便り2 Says:

    今回も珍しい観光?でしたね。確かに魚の孵化場は、中々見られませんよ~DO NOT DRINK って、誰か飲んだ人いるのかな。面白いですね。綺麗な空に湖、広大な大地、憧れてしまいます。

  41. はるか Says:

     Misaさん~こんばんわ~(;_;)/~~~  今、Misaさんが、くれたコメントを見て。。。涙がでました。。。(;_;)/~~~(;_;)/~~~(;_;)/~~~ 親身になって、調べてくれたりして。。。本当に、ありがとうございます(;_;)/~~~ 残念ながら、4時間ほどたちますが。。。また、復旧のメドが、たっていません。。。 写真。。。載せるのって。。。限界があるのかなあ。。とか、思っていたり。。。。 でも、でも、でも、Misaさん~のお写真は、きれい——–です!!!  もうちょうっと、がんばってみます。。。 優しいです。。。Misaさんっっ>>>>。<<<

  42. 史津香 Says:

    DO NOT DRINK ・・・。面白すぎです。さすがアメリカですね。景色が横に広いのが凄いな~って思います。日本じゃ、こういう風景って、北海道辺りの田舎に行かないと無いですよね。そりゃぁ、スピードも出したくなるでしょうね~。100km/hなんて、ざらでしょうね。

  43. くるみ Says:

    え~、ますの孵化場なんてあるんですか?アメリカで鱒なんて見たことがないけど、あるんですね。なかなか普通には行けない、いろんなところに行けましたね。フーバーーダムは懐かしいです。グランドキャニオンに行った時にも、まだフーバーダムは雪の気配もなかったので・・。ネバダとアリゾナの境目なんですね、知らなかった~もう一度グランドキャニオンに行って、あの底が見える所(強化ガラス張り?)を歩いてみたいっていうのが、今の希望です。狭い所はダメだけど、高い所は大丈夫なんです私。

  44. Indy Says:

    Misaさん、こんばんは。^^ひたすら、スケールの大きさに圧倒されました。日本では味わえないことだらけですね。あぁ・・・僕ももう一度アメリカ行きたいなぁ・・・

  45. そうなんさ Says:

    こんばんは。政界恐慌期の公共事業でしょうか。ニューディール政策だったかな。それにしても、なかなかな場所を訪れましたね。もう一度、行かないとだめかもでしょうか。でも、楽しみがまだ残ってよかったのかな。

  46. booo Says:

    Misaさん、なかなか一般の人が味わえないツアーを体験してますね!アメリカって、やっぱ広いんですね~自分も雄大だと思ってましたがこの雄大さには負けそうですね。。。あっ!体がですが。。。ちなみに自分のプロフに写ってる車もたまたま止まっていた車です。。。(;^_^A

  47. ミッキー・フォール Says:

    こんばんは~!青い空と景色を映したコロラド川、素敵ですね!昔、タニヤ・タッカーさんが歌った「サムデイ・スーン」が浮びました~♪リチャードさんが以前、釣りをしていた処ですね!私もココでのんびりと釣り糸たらしてみたいです。。^^それと、地平線まで続く道をドライブもしてみたい・・・欲張りですかネ。。^^;

  48. Chi Says:

    素晴らしい景色ですねー!!コロラド川、きれいだぁ。

  49. abend Says:

    どこまでも続く道でやっぱりスケールが違いますね~^^この鱒の養殖場もでかいんでしょうね?!魚が寄ってくるところは 日本の飼いならされた鯉と同じかなっw


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中