もぐもぐMisa その2!

おいしいもの いーっぱいご紹介

モルディブ旅行記 最終章 「Fly me to the moon」 2011/02/21

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 6:51 PM

.

この記事のタイトルは、この歌からお借りしています。

_

______

大好きなメロディ。たくさんのひとたちがカバーしていますけれど、このNat King Coleのが好き。

まあもともと、私がこのメロディを知ったのは、こちらのバージョンですけど。

_

.

.

.

.

これがモルディブ旅行記の最終章。

今回のテーマは「お月さま」。

_ _ _ _ _

私は月が大好きです。

何でだろう…理由はあるようなないような。

  .

昼間の白い月も好き、冬の夜空に青く輝く月も好き、燃えるような真っ赤で大きな月も、

細くて折れそうな月も、全部好き。

_

私はモルディブに行くまで、「モルディブの夜空はどんなだろう」って考えたことが

たくさんあったけれど、それはもっぱら「星」のこと。

  .

死ぬまでに一度でもいいから、天の川を見てみたいなあって思っているのですけれど、

きっとモルディブのこの島は、空港からも離れているから、空気もきれいで、

よけいな明かりもなくて、星がたくさん見えるに違いないって、楽しみでした。

  .

でも東京の夜空よりもたくさんの星が見えたけれど、期待していた「降るような星々」

ではなかった。残念。。。

  .

  .

ただし、いい意味での「残念」。 

  .

  .

だって、それは、お月さまが明るすぎたせい。

  .

  .

 

私が滞在していた数日間は、ちょうど満月を真ん中にしての日程だったので、

毎日ほぼまあるいお月さまを見ることが出来ました。

  .

最初見たときに本当に驚いた。

とてもとても明るくて、本が読めるぐらい。

  .  .

  .

ほらほら、こんな風に影がはっきり出来ます。

01モルつき バギーの通った跡がすごいけど(笑)

  .

  .

これは太陽ではないんです。

 .

02モルつき

陽が沈むと同時に、月がのぼってくるそのとき。

まだ残っている夕焼けと、まぶしい月の光が一緒になる瞬間です。

  .

  .

03モルつき

ほんの少し時間が過ぎただけで、夜が始まって、月明かりが更に輝きを増します。

.

写っているのは、桟橋、レセプション、そしてロマンチックディナーのテーブル。

こんな風に、砂浜にキャンドルが灯されて、

メインビーチは、やさしいひかりでいっぱいになります。

  .

  .

04モルつき

まるで月への道のように、輝く光の帯が静かな海に続いています。

  .

  .

05モルつき

どんどんと月が夜空に昇っていく。

  .

  .

06モルつき

それをやしの葉越しに見上げてみる。

  .

  .

こんな風に月の明るさを毎晩のように楽しみました。

.

満月の光は、特別なパワーがあるって聞いたことがあったような。

  .

  .

  .

  08モルつき    09モルつき    10モルつき

その月明かりを全身で浴びる私の組写真(笑)

いや、実は話をしながら、星を見ているんですけれど、こんな風に写真になってた。あはは。

   .   .

   .   .

最後に、ロマンチックディナーを慌てて詰め込んで、島をあとにしたボードから

撮った写真をご紹介します。

.

島を出ると空港のある島まで50分の間、何もない海原が続きます。

.

行きのボードは、潮の流れも速く波も立っていて、みんなむち打ちになりそうな勢いで、

ぐわんぐわん揺れながらはしゃいでいましたけれど、帰りは全く波も風も

ありませんでした。

  .

本来なら海も空も境目がないような、本当の闇。

でもこの日は満月の一日過ぎ。

  .

07モルつき

静かな海原に、ゆっくりと昇るお月さま。

 .

こんなに美しい月を見たのは初めて!!

その海に映る光の帯は、島で見たものより更に神秘的でした。

.

その月明かりがまだ届かない反対側を見ると、降るような星たち。

屋上に寝っ転がりながらこんな夜空を見ていると、宇宙の中での自分の存在を考えちゃったり。

ものすごく不思議なボードでの時間でした。

  .

  .

そして、ちょうど…ただの偶然なのでしょうが、

本当にこの時間に。

.

私がこの夜空を見上げていたころに、癌と闘っていたラスベガスのFayが亡くなったと、

帰国後に知って…

.

彼女はあの星たちのひとつになったんだって、思い切り泣きました。

  .

  .

******

  .

.

11モルつき

  .

ひかりはただ月明かりだけ

星が遠慮がちに瞬いて

細波にそれらが映る

まるで、海の中に別の世界があるように

.

わたしは夜空を仰ぐ

それは深くて暗い海の中をのぞいているかのようで

怖くて 思わず手のひらを握り締める

.

あなたはそのとき、この空へ昇っていった

たくさんの苦しみや痛みから解き放たれて

たくさんの愛との決別と同時に

.

あのとき ひときわ輝いていたのは、あなただったのかな

もちろん思い過ごしだろうけれど

でも

きっと目が合ったよね

ありがとうって伝わったかな

.

私はこれからも生きていく

そして時々思い出す

波間に揺れたひかりの帯

.

そして

あなたがしていたピアスのような

悲しいぐらい白く輝く

あの月を

.

  .

  .

******

  .

  .

モルディブから帰ってきて、4ヶ月もかかってしまった旅行記は、これでおしまいです。

読んでくださってありがとうございました。

.

決して近くはない場所だったし、いつもの安ーいツアーよりかはお金もちょっぴりかかって

しまったけれど、きれいな景色、美味しいお料理はもちろん、出会った人たちも本当に

すばらしかったです。

.

いつかまた行けたらいいな。

.

また今年も旅に出たい。

そして、いろんなことを考えたい。

だからこそ、日常をしっかり過ごさないといけないなあー。

.

って言いつつ相変わらず、だらだらもぐもぐしている私ですけれど、

次回からは通常のもぐもぐ記事を中心にブログを続けていきたいと思います。

これからもよろしくお願いしますー(^▽^)

.

.

Misa

 

広告
 

モルディブにて 出会ったひとたち 2011/02/14

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 7:25 PM

小さな島に、小さなホテル。

なので滞在中は、決まったゲストや、スタッフと自然に何度も顔を合わせます。

それはレストランだったり、プールサイドたったり。

.

行きのボードで一緒だった、ロンドン在住のご夫婦。

(波に跳ねる高速ボードで、「レイブパーティみたい!」ってはしゃいでた彼らです)

とにかく奥さんが明るくて、だんなさんもやさしい感じで、とってもフレンドリーでした。

レストランやバー、プールサイドで会うと、世間話をしたり。

私のパチ子(IXY)を見て、私たちのカメラもCanonなのよーーー!とか、私たち、日本車大好きで、

今も乗っているのよーーーとか。

(後日、Mitsubishi ASX4=三菱コルトらしい、と判明)

01モルfriend

バーでメアド交換して、一緒に撮った写真。

結婚30周年の旅行で、モルディブには1週間滞在したあとに、更に2週間スリランカに滞在して、

バカンスを楽しんだそう。

ううううらやましい…

.

そして、メールで

「実はあのあと、水上コテージのデッキから、例のCanonを

海の中に沈めてしまいました…

現在メモリの復旧作業中…」

って、衝撃的な事件の発覚!

.

後日、無事データの復旧が出来て、モルディブの美しい景色を再び楽しんでいますという

ご連絡をいただいて、私もほっとしちゃいました。

.

.

お子さんたちと一緒に撮った写真を送ってくれました。

02モルfriend

イギリスの湖水地方で、って。すごくきれい。

そしてとても幸せそう。

ありがとうございます。M&S♪

.

.

彼女は、ボーイフレンドとバカンスに来ていたブラジルRちゃん

03モルfriend

プールサイドで、私たちが席を探していたら、ここ、いいわよ、って声をかけてくれました。

ただし、パラソルないけど…いい? 私たち暑いから少し日陰にいるから、って。

そのあと、彼女らも私たちも、無事ホテルスタッフがパラソルを運んで設置してくれて、

あー、日陰は涼しいねぇ、って、お互い笑って話をして。

そのあと、何度もプールサイドやレストランで会ったのですが、そのたびにハーイ!って

声をかけてくれました。

笑顔がかわゆい、おまけにダイナマイトバディの彼女。

私、明日日本に帰るの、って言ったら、じゃあ写真撮りましょうよって、パチリしました。

すごくすごく素敵な女のこでした!

.

スタッフもとてもフレンドリー。

滞在中、レストランでは、大体決まったスタッフが担当となりお世話してくれます。

04モルfriend

彼はIくん。何と16歳。

モルディブ・ナイトという、ホテルのお祭りの夜に、私服の彼を見たんだけど、

まだまだコドモって感じで…

お兄さんと一緒に、このホテルで働いています。

もちろん英語も堪能ですし、大きな目をキラキラさせながら、お仕事もきちんとしっかり

こなしていました。

メアドを交換して、写真を送ってあげたら、「日本のお姉さんのことは永遠に忘れません。」って

嬉しいお返事が来ました。

.

ちなみに、彼のIという名前は、日本人の男性の名前とほとんど同じ発音です。

なので、漢字を書いてあげたら、大喜び!

漢字ってやっぱりファンタスティック♪みたい!

.

.

.そうそう、彼も16歳なんだけれど、

05モルfriend 日本語にすごく興味があって、

私、ちょっとだけ日本語教室開いちゃいました。

日本人のゲストも時々来るから、驚かせたいんだって。真剣にメモ取ってた。

かわいいなあ。

.

.

Tさんは、滞在中、もっともお世話になったスタッフ。

07モルfriend

レストランのホールでも、マネージャーのような位置づけみたい。

とにかく、このひと、超ユニーク!

私のことをすぐにからかうので、私もムキになって対抗。

彼がこれまた、インチキっぽい空手のポーズをとったりするので、

私も負けじとインチキっぽい空手のポーズをしたら、

欧米人のゲストに

「見てみて、カラテよ!」みたいに注目されて、

ふたりでゲラゲラ笑ったり。

.

..

以前ご紹介した、ザ☆スナック芸おしぼりがーこ

10モル鳥 

彼が作ってくれたんですよー。

今も自宅に飾ってあります。。。

.

モルディブの公用語、ディベヒ語もたくさん彼に教えてもらいました。

09モルfriend

 

一番下に書いてあるのは

「Aharen kale dheke varah libi vey」

英語で言うと、I love you very much.

これ、彼に言ってみて!って練習させられたんだけど、当然ツレは理解不能(笑)

.

08モルfriend

これはターナ文字で、「MISA」の発音を表したもの。

.

だいたい、どっちが上だかもわからず、思わず↑」

書いてしまった(笑)

.

世間話の合間に、奥さんや子供の写真をiPhoneで見せてくれたりしました。

家族のことをとっても愛していて、毎日2回は電話するそう。

どういう経緯でこのホテルに勤めているのかはわからないけれど、

モルディブのホテルは、1島1リゾートだから、スタッフはなかなか家族の元に

帰ることができないんです。

空港から遠ければ遠いほど…

.

10代の、まだ少年みたいな顔のスタッフなんて、実家が恋しいだろうなあ。

そんなことを考えていたら、こうして私たちがバカンスを楽しむ場所にも、

寂しい気持ちがあふれているのかもって、明るいスタッフを見ながらしみじみ思ったりして。

.

.

この間ご紹介した、ピザを焼いていたJ

06モルfriend

とっても陽気で、いつも笑顔。

常にメロディを口ずさみながら、お仕事をしていて、

こんな風に楽しげに仕事をしている姿がすごくうらやましいような。

.

彼も日本語に興味があって、「Misa、この島で日本語の先生をやったら?」って

冗談で言われたので、「じゃあ、お給料は安くていいですよ」って答えたら、

.

「ここではお金なんて要らないからね。。。

きれいな景色は毎日見られるし、スタッフだったら食べるに困らないんだから。

これ以上ここで何も必要じゃないでしょ」

って。

.

.

何だかはっとしちゃった。

.

お金とか、モノとか、時間とか、或いは時にひとの心まで欲しい、欲しいって

求めてばっかりの自分の日常と、だいぶかけ離れた、

ものすごく素敵な考え方。

こういう発見も、異文化交流の醍醐味だったりする。

.

.

とまあ、他にももちろん写真撮っていないひとたちもいるんだけど、

言葉が通じなくても一緒にエイにえさやったり、プールサイドで目が合ったり、

レストランで近くのテーブルだったり、クルージングで一緒だったり…

.

そのつど、互いにニッコリして、ああー、平和だーって、強く強く思いました。

.

なぜなら、ここでは皆がバカンスで訪れているから。

仕事も、家庭も、人間関係も、それらの日常を置いてきているから。

だから、平和なんだろうな。

ある意味、非現実的な理想郷なのかもしれません。。。

.

.

と、ちょっとしんみりしたところで、オマケ

.

.

.

.

初公開。

モルディブへ一緒に行った、足のサイズ31cmのP

 

10モルfriend ジョギングスタイルで、得意の「シェー」ポーズ(爆)

.

.

.

彼、月末に出走します…

 

.

 

.

08モルfriend

 

がががががんばってぇぇえー!!!!!

.

 

 

モルディブにて もぐもぐ! ディナー編 2011/02/08

Filed under: 2010 モルディブ旅行記,グルメ — Misa @ 10:36 PM

 

と、とりあえず、旅行記続きます~。

_ _

さてさて、オールインクルーシブということで、朝もお昼もアラカルトでオーダーして、

その上プールサイドでも、ビールやらコーラやら飲みまくり・・・

_

_

でもどうしてでしょう?

夜になると、またまたおなかがすくのは!?

_ _

_

_

昼間はさわやかなイメージだったメインレストランも、

00モルdinner 01モルdinner

夜は間接照明が灯り、また別の顔になります。

_ _

夜の食事パンは、席に着くとサーブされます。

02モルdinner

ビールのグラスが照明にあたって、とてもきれい。

_

_

モルディブに到着するまで、散々アジアごはんを堪能していたし、雰囲気のいいレストランに入って

ちょっと洋風なものをたべたくなっちゃった私。

_ _

というわけで、まずはシーザーサラダ

03モルdinner

ロメインレタスどーん!

その上にスライスカットされたコクのあるチーズ。

奥にはなんと、串焼きのタンドリーチキン! やっぱアジアン~♪

手前のは、フランスパンチックですけど、パリパリのおせんべ状のもの。

こんなシーザーサラダ、日本じゃ食べられないぞーって雰囲気いっぱい。

_

_

メインにはパスタを。

「本日のパスタ」は、この日はトマトソースだというので、オーダー。

04モルdinner

ビールのあとは、病み付きになったアイスティー。

オサレな白くて大きなお皿に、太めのパスタと濃厚なとろとろトマトソース。

イタリアンパセリの緑がアクセント。

海外で食べるパスタって、どうしてこんなに茹ですぎなんだろうっていつも

思うんだけど、日本がアルデンテすぎる(?)のでしょうか…???

で、このパスタもソースはうまうまでしたが、麺は少しやわらかめ。

まあ、これも昔ながらのナポリタン風でキライではないんですけどね~。

_ _

_ _

その他の日に食べた夕食。

_ _

はーい、昼間も夢中になった生春巻きは、

05モルdinner

夜も必須のメニューになりました~(笑)

_ _

_ _

これはカレーだ…どう見てもカレーだ…

06モルdinner

お昼にも結構カレーを食べたのですが、夜も一度食べたんだな、きっと。

というのも、全く憶えてない…なぜか記録(メモ)がない…写真だけ。

酔っ払っていたのだろうか…???

美味しかった…と思う…(汗)

_ _

きっと、この薬味をかけたんだ…

07モルdinner

アチャールだ…辛かったんだ…

_ _

08モルdinner

チキンがごろごろしていて、ボリューミーだったんだ…

_ _

_ _

あー、旅行記って鮮度が

大切なんですねぇぇぇ。(他人事)

_ __ _

_ _

これは、覚えてる!

「Meen Porichattu」という、南インドの伝統料理です。

_ _

これ。

09モルdinner

ふふふ、これはバナナの葉に包まれていて…

_ _

_ _

この葉っぱを開いていくと・・・

_ _

_ _

_ _

_ _

蒸し焼きにされているのは・・・。

_ _

_ _

_ _

_ _

10モルdinner

白身のお魚ちゃんです。

  _

味噌漬けの…って、感じですけど、でも、本当にお味噌みたいな味、でも激辛!

そして、ごはんが欲しいーーーー。白いごはんがいくらでも食べられそうな感じ。

つけあわせは、まるで切り干し大根みたいに見えるので、和食チックですが、

これは、にんじんとココナツとキャベツの和え物。食感がしゃきしゃきしています。

とととにかく、これも激辛ーーー。

もうビールがすすむ、すすむ!

_ _

ただ、白身のお魚だから、脂っぽさとかは全然なくて、やわらかいほくほくの身

とっても美味しかったです。

_ _

_ _

あ、それから、デザートももちろんオーダーし放題。

と言っても、食事の前にバーで一杯飲んで、食事のときもビールやワイン飲んだりして、

その上、お料理は全部ボリューミー。

なので、デザートまでがっつり楽しめなかった…

ホントは全種類制覇したかったのになあー。残念。

_ _

_ _

これは、ノンアルコールのカクテル。

11モルdinner

仲良しになったウェイターさんが、私にぴったりのドリンクだから、とオススメしてくれました。

いろんなフルーツがミックスされたスムージー。

結構甘め。でも、冷たいからさっぱりしていて美味しかった!

_ __ _

シャーベットの盛り合わせ。

12モルdinner

信号みたいな色合わせ♪

カシス・オレンジ・キウイのしゃりしゃりシャーベット。

辛いもの食べた後にびったりのデザートです。

_ _

これはフルーツの盛り合わせ。

13モルdinner

すいか、洋ナシ、ドラゴンフルーツ、キウイ、そして真ん中には、パッションフルーツ

食用ほうずき

パッションフルーツは、南の国でしかなかなか食べる機会がないけれど、大好き~。

とろとろ、つぶつぶの食感! あー、また食べたいー。

_ _

ティラミス。

15モルdinner

もう、めちゃめちゃ濃厚!

スプーンにすくって口の中に入れても、ティラミスがスプーンから

離れない感じ!

小ぶりに見えるけれど、中身はぎっちりなので、すごくボリュームがありました。

日本で食べるより、脂肪分が高そうーーー。

_ _

アイスクリーム盛り合わせ。

14モルdinner

チョコレート、バニラ、ストロベリーのアイスクリームと、ホワイトチョコの

オブジェのようなデコレーション。

_ _

どのデザートもそうだけれど、盛り付けが本当にきれいで、やっぱりこれはアラカルト

ならではの、すばらしいところだと思います。

もちろん、ブッフェのわくわく感も好きなんだけど…

_ _

毎日変わるメニューをめくりながら、今日はどれにしようか、これも美味しそう!なんて

お料理や飲みもの、デザートを選ぶ楽しさ。

_ _

そして、何より値段を気にしないという、高揚感!!!!

夜は特にドレスアップして行きたくなっちゃう、そんな素敵なレストランでした。

_ _

_ _

_ _

そして…

以前ご紹介しましたが、プライベートディナーっていう、ロマンチックなディナーコースが

ありまして…

_ _

16モルdinner

月明かりの中、こんなテーブルについて、ビーチでお食事。

_ _

ひいいー、何の見せしめ?

って、ロマンチックなのがあんまり得意じゃない私は、よそのカップルが

ここで食事をしているのを見るのも恥ずかしくて恥ずかしくて(笑)

_ _

で、最終日…空港へのボードは20:00発。

実は…ちょっと色々ありまして(トラブルではないんですけど)、ホテル側から急遽こんな提案が。

_ _

『レストランオープンの19:00から、ぜひプライベートディナーを。

出航まで1時間ですから、あまりゆっくり出来ないとは思いますが…』

_ _

__ _

_ _

えっ、タダ!?(←庶民…(汗))

_ _

まあ、こんな風に、砂浜でコース料理なんて、なかなかない機会ですし~。

せっかく言ってくださるなら…って、Jのピザを夕方食べた直後に、うなづいた私(爆)

_ _

さあー、暗くなってきましたよー。

そして、テーブルにはキャンドルライト、ぽつーん(笑)

いくらパチ子ががんばっても、限度がありましたことをご了承ください…

_ _

はいっ、そしてシャンパンですー。

17モルdinner

ここではテーブル専用のウェイターさんがついてくれます。

_ _

「私たち、20:00に船に乗るんですーーー!」

「はい、伺っています。スピーディにサーブいたします!」

って、ウェイターさんもやる気まんまん(笑)

_ _

他のテーブルは2つ3つぐらいあるんだけど、西洋人カップルでみんなムーディ。

何だかアセアセしているのは、私たちだけだけど…まあ、でもお料理楽しみ!

_ _

18モルdinner

食事パンをつまみながら、シャンパンちびちび…。

_ _

_ _

って、運ばれてきたのは…

「日本の伝統的なスープでございます」

_

_ _

_ _

_ _

_ _・・・・・・・(汗)

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

ひいいいーーーーーーー。

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

 

19モルdinner

ワワワワワワワワカメ

ーーーーーー!!!!!!!????

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

何の嫌がらせ!?

(私はワカメがこの世で一番キライな食べ物です)

_ _

_ _

_ _

_ _

_ _

白いお皿になみなみとmiso soup

フォークとスプーンで、ワカメのmiso soup

_ _

_ _

「・・・どう?」

「うん、フツーにうまい」←ツレ

_ _

というわけで、一口も飲まずに、全部あげました(笑)

_ _

_ _

_ _

で、次はお魚と野菜のグリル

20モルdinner

私、お魚のグリル大好き!!!!

_ _

ここのレストランは、本当にお魚のお料理が美味しかった。

野菜もたっぷりで、しつこすぎず、しょっぱすぎず、本当に何度も食べたくなるような

お魚のお料理…このグリルも然り♪

_ _

あー、既に時間が40分経過…

_ _

多分ホントはお肉料理とか出てきそうな雰囲気だけど、もう時間がないーって、

デザートへスキップ(爆)

_ _

ティラミスでーす。

21モルdinner

いちごが乗っていて、見た目もかわいい。

レストランで食べたティラミスよりも、器が大きいけど、さっぱりしている感じ。

ビスコッティがカリカリのアクセント。

_ _

もぐもぐっと食べて、タイムアウトーーーーー!!!!!

何だかバタバタと忙しいプライベートディナーでしたけど…

あの席に座っちゃうと、星と月が浮かぶ夜空がきれいだし、

夜の海、波の音が心地よくて、意外と恥ずかしくなかった(笑)

_ _

って、余韻に浸るヒマもなく、ボードに乗り込んでホテルの島を後にした私。

_ _

とにかく、ここのホテルは食事が美味しくて、そこを見込んでホテルを選んだんだけど、

大正解でした。

オールインクルーシブはもちろんですけれど、アラカルトっていうのが

こんなに魅力的だなんて。

_ _

ホテルでのもぐもぐをご紹介してまいりましたが、すべて大満足の食事でした♪

モルディブにはたくさんのホテルがあるけれど、もしまた行くとしたら、ここに来ちゃいそう…

_ __ _

_ _

もし、また、ですけど(笑)

_ _

以上、モルディブでのもぐもぐでしたー。

もうちょっと旅行記続きます…

 

 

モルディブにて もぐもぐ! 昼食編 2011/01/28

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 8:35 PM

 

リゾートへ旅行へいくと、たいてい朝食付き(ブッフェ)のホテルが多いです。

なので、いつもお昼ごはんがいらないぐらいに、がっつり食べる!!

一食浮くし、まあ小腹すいたらコンビニで買ったポテチでもプールサイドでぱりぱり食べて、

夜ご飯は街の食堂に出るというパターンの私。

a

今回はホテル料金に、朝・昼・夜のごはんが含まれているので、どんなに朝ごはんを

いっぱい食べても、必ずお昼も食べました(笑)

a

モルディブに到着したのが真夜中だったので、一日目の朝はだいぶ遅く起きました。

なので、朝ごはんもゆっくり。しかし、がっつり(笑)

というわけで、お昼ごはん、別にいいかなーって感じだったんだけど、

ケチケチ根性が働いて・・・いや、軽くつまもうよーってレストランに入っちゃいました。

 

で、サービスで出てくるパンをオリーブオイルに浸して食べながら、ビールごくごく。

01モルlunch

このオリーブオイルのガラスの器が素敵なの。

真ん中のフラスコ部分は、これまた美味しいバルサミコ酢

それぞれサラダ系を頼んだのだけれど、私はこれ。

02モルlunch

生春巻きー。

オサレな盛り付けで、生春巻きと言えどもテンションあがります。

もー、これ大好き!!! いっくらでも食べられちゃう。

イタリアンパセリみたいな、春菊みたいな葉っぱ、パプリカ、にんじん、えのきなどが

くるくると巻いてあって、ちょっと芸術的。。。

スイートチリソースをつけながら、ぺろりと食べちゃいました。

 

別の日の昼食をご紹介。

 

やっぱりアジアの国、カレーは欠かせない!

シーフード・レッドカレー(タイカレー)

03モルlunch

蒸篭(せいろ)にてんこ盛りになった、このアジア独特の細長いおコメ。

だだだだただーーーーい好きっ。いい香りーーー♪

いか、えび、あさりの他に、大きな白身のお魚、ムール貝、それからバジル、トマト、

パイナップル!!!

04モルlunch

具沢山~。

そして、かかからーーーっ。

でも辛いだけではなくて、レモングラスのいい香りとか、あとは海の幸の旨み

口の中に広がって、とっても美味しいカレーでした。

 

これはスリランカカレー。

05モルlunch

って、何だかあんまりきれいじゃない写りなんですけど…

これ、運ばれてきたらすぐに、仲良しになったウェイターさんが、

「さーさー、盛り付けてあげましょうー」って感じで、

さっさと、お皿に盛り付けちゃいました。

なので、食べかけみたいな写真…(汗)

06モルlunch

つけあわせの調味料(カラい!)。これと一緒にいただきます。

 

これが盛り付けられたお皿。

07モルlunch

ライスだけではなくて、そうめんみたいな麺も一緒に、カレーをかけて食べます。

大きめのチキンがごろごろと入った、ボリュームたっぷりのカレー。

お豆のペーストと、スリランカのチリで作られたルーなんだって。

これはあんまり辛くない。。。お豆の味でマイルドな感じ。

でも香りはとってもスパイシーです。

ぼそぼそのそうめんみたいなヌードルがいい感じ。

何せ、わたくし、ぼそぼそ麺が好き・・・

冷たい焼きそば(具はなるべく入っていないの)が好きだし!

以前、韓国の子も、辛いおかずを作って、そうめんと一緒にこうやって食べていたのを思い出しました。

 

07cruising

あ、これは、以前もご紹介した、フィッシィングトリップで釣ったお魚を

調理してもらったもの。

次の日の朝か昼のごはんにできます、と言われたので、朝よりランチの方が…って

お昼に出してもらいました。

これは本当に美味しいお魚だった。

そして、こんな風に一流レストランみたいな盛り付けしてもらって、

そのサービスがとても嬉しかったです。

 

このホテルにはピザを焼くための石釜がプールサイドにあって、

プールでのんびりしているときにその石釜を使ってピザを焼いているスタッフと

目が合いました。

「そのピザ、とっても美味しそう! あなたが作ったの?」って、

ピザの生地を作るときの、指を立ててクルクルというしぐさをしたら、

「まさか! まだ生地は触らせてもらえなくて。ここに来て1年だからね」って。

それがきっかけで滞在中はよく話すようになって・・・

彼の名前はJ

 

Jはものすごく陽気で、ニューヨークのラッパーのまね!って、「Hey yoー」とか、

突然ラップが始まったりするので、負けるかー!と、私も「check it out(チェキラ)!!」って、

ノリノリで一緒にテキトーダンスを踊ったり(何やってんだか…)。

 

「僕の焼いたピザを、機会があれば食べて行ってね」という彼の言葉。

 

a

ここのホテルは、宿泊者全員がオールインクルーシブではありません。

パッケージされている食事が、朝食だけ」「朝・夜だけ」「全食」、

更にそれに飲み物もフリーになるものなど、いろんな料金パターンがあって、

プラン内にない食事は、皆お金がかかります。

 

私の場合、滞在中のレストラン「Latitude」での3食レストラン・バー・プールサイドの飲み物

関してはすべて含まれますが、この石釜ピザに関しては対象外。

しかし、モルディブを発つ日は、朝食までが料金内。

チェックアウトの手続きをしたあとは、島内をお散歩したりしてのんびり過ごしていたけれど、

せっかくだから、彼のピザを食べよう!っていうことになりました。

今日、日本へ帰るのって伝えると、そうかー、今度また来るまでに生地を作らせてもらえるように

がんばるよと笑顔で答えたJ

 

生地にソースを塗って~ 08モルlunch

石釜に入れます。09モルlunch

10モルlunch 焼きたてのピザに切り目を入れて・・・

 

はいっ、マルゲリータ!!!

12モルlunch

 

クリスピータイプのさくさく生地に、たっぷりのチーズとトマト、バジルが乗っていて、

軽い焦げ目がついていい香り~。

思っていたよりも結構大きなピザでした。

11モルlunch

そんな焼きたてピザを海辺のテーブルで、

ビール飲みながら食べるなんて初めて!

おいしーーーー!!!

J、最高のピザだったよー。

これからもこの島で、美味しいピザを焼いてね。

 

ところで、オールインクルーシブ対象外のこのピザは$24(≒2000円)

ビールは$6(≒480円)

円高を考えても、Aランクのホテルにしては、ものすごくリーズナブルなお値段。

これなら食べる価値絶対アリ!!のピザでしたー。

 

【おまけ】

モルディブ到着が夜中のため、レストランもバーもやってないことを考えて、

この日の夜は絶対小腹がすくだろうと用意していったカップラーメン(笑)

しかし…

日本からの便内のごはん、全部食べた上、

エアラインのハネムーン特典のホールケーキも完食

夜ご飯はないものと思って、経由先のシンガポールでがっつりおかゆ

しかし、モルディブ便内で、しっかりディナー(カレー)で出たので、完食

ホテルに着いたら、これまたハネムーン特典のホールケーキが

部屋に置いてあったので、もぐもぐ

というわけで、全然おなかがすかない到着日。

でもカップラーメンはかさばるし、絶対持って帰りたくないよなーって…

オールインクルーシブで毎食しっかり食べておきながら

 

おやつにカップラーメン(笑)

13モルlunch

ターナ文字のコーラを飲みながら、コテージのテラスで

「サッポロ一番 みそ味」。

 

うーん、

モルディブの海を眺めながらなんて、

最高のおやつ!!!

大満足でしたー(爆)

 

 

 

モルディブにて よくやくもぐもぐ! 朝食編 2011/01/22

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 11:48 PM

 

なんだかんだと引っ張ってまいりましたけれど、わたくしのブログの最大のテーマ。

もぐもぐ

モルディブで頂いた美味しいものについて、綴りたいと思います。

今回は、レストラン全体と、そこで食べた朝食について。

このホテルにはメインビーチ近くに「Latitude」というメインレストランが建っています。

オールインクルーシブの場合、朝・昼・夜ともここでの食事になります。

ビーチ側から見ると、こういう感じ。

01モルmorning

 

ここが入り口。

02モルmorning

スタッフに部屋番号を言うと、席に通されます。

 

さっき外から見えたテーブル席は、こんな風になっています。

03モルmorning

何回か座ったんだけど、雰囲気はとてもいいのですが、

海が反射してすごくまぶしい。

サングラスしながらのごはんになります(笑)

04モルmorning

夜は間接照明でムーディなレストラン内も、

朝だと白を基調としたさわやかなイメージ!

私はこのホテルを選ぶときに、食事を重視したと以前書いたのですけれど、

モルディブのほとんどのホテルが、ブッフェ形式の食事なのに対して、

何とここのホテルは、全てアラカルト!!

そうです、そうです、メニューがあって、

一品一品全て、オーダーしたあとに作られるのです。

そして、オールインクルーシブの場合は、全て料金に含まれています。

何を食べても!!!!!

どんなに食べても!!!!!

毎朝、席に着くと、こんなものを手渡されます。

05モルmorning

日本語のニュース。

私は、今回の旅行にミニ子(ネットブック)を持っていくかどうか、

最後まですごく悩んだんだけど、非日常を味わいに行くのだからって、

結局持っていかず。

現地でもネットはほとんど見ないし、テレビなんて一回も見なかった。。。

なので、日本で何が起こっているのか全くわからないから、こういうサービスで

色々知ることができるなんて、いいなあ。

と言いつつ、全くどーでもいいニュースばっかり

ちょっと面白かったけど(笑)

新聞を渡されるのと同時に、飲み物は何にしますか、と尋ねられるので、

私はグレープフルーツジュースを頼むことが多かったです。

07モルmorning

一人分ずつ絞ったものが出てきます。まだ泡立っている・・・

お砂糖を加えていない感じで、すごーーーく濃い!!おいしいー。

そして、テーブルには、いつもパン盛り合わせ。

毎朝、ちょっとずつパンの種類が変わります。

 08モルmorning

この日はオレンジジュース。

09モルmorning 

どれも焼きたてっぽくてあたたかくて美味しい。

ドーナツも色々種類があるし!

ジャムやはちみつのびんもどれも使っていいものです。

10モルmorning

ここに写っている真っ赤なジュースは、すいかジュース

タイで飲んだスイカのスムージーっぽいかなーって思ったら、

本当にただの「すいかの汁」だった…

ここではジュースにほとんどお砂糖を入れないし、もともと甘みのあるすいかではないので、

ちょっとイマイチ(笑)

やっぱりグレープフルーツジュースが一番だなあー♪

何回も食べたワッフル

12モルmorning

焼きたてで、かりかりふわふわで、美味しかったー。

いろんなフルーツがちりばめられていて、とってもきれいだし。

別の日のワッフル(ほとんど同じ写真だけど)

11モルmorning

女心をぐぐっとつかんだ、ワッフルでした。

こういうの食べちゃうと、ワッフルメーカー欲しいーーー♪って思うんだけど、

まあ買ったら買ったで、そのまま放置の予感なので…。

自分が分かっているわたくし(笑)

オーソドックスなオムレツも一応頼んでみた。

13モルmorning

ニラみたいに見えるけど、これはほうれん草が入っています。

カリカリに焼かれたベーコンと、トーストされたフォカッチャ

このフォカッチャがボリューム満点~。

パンを山ほど食べた後なのに、美味しいから食べちゃう!♪

そして、ハッシュドポテトもさくさくでうまうまー。

a

14モルmorning

フライドエッグの日も。

うーん、私はオムレツよりこっちが好きかなあ。

そしてホントは、目玉焼きには「おしょうゆかけたい派」…(笑)

オーガニック野菜のサラダ、というのが気になって頼んでみました。

あー、とにかくサイドオーダーも値段を気にせず、ばんばん頼めるのが嬉しい♪

これ。

15モルmorning

アーティチョーク、ドライトマト、レッドオニオンと、いろんな種類のグリーンリーフ

これらにかかっているのは、何とメープルシロップのドレッシング

どうなのかしら…と食べてみると、やっぱり甘い。

メープルシロップですもんねー。

ただ、とにかく葉っぱとかがすごく美味しくて。

何の葉っぱだろう…とってもコクがあって、アルファルファもしゃきしゃき。

こんな新鮮な野菜の管理、大変そうだなあと思ったり。

このサラダはお気に入りで、滞在中何度も食べました!

最終日の朝ごはんは、気になっていた「Maldivian breakfast」。

そう、モルディブ式の朝ごはん。

16モルmorning

まず手前のたまごは、これはふつーのオムレツ

左奥はトマトときゅうりのサラダで、ココナツのスライスも入っています。

そして、ちょっと見えにくいんですけれど、この下にお魚の佃煮みたいなの

あって、しょっぱくてピリ辛で…白いごはんが合いそうでした!

そして右奥。

これもココナツ、そしてツナが和えてあり付け合せのライムを搾っていただきます。

この二つのサラダを、手前のクレープみたいな薄焼きの生地にくるくるっと巻いて

食べるんです。

あっさりさっぱりした、モルディブスタイルのファストフード。

ヘルシーな感じだし、日本人にもなじみやすい味だと思います。

さー、どんなに食べても、サインだけで0円

(というか、0ドルというか…)

17モルmorning

何だか得した気分になっちゃう庶民・Misa。

というわけで、朝からがっつり食べていた毎日でした♪

次回はモルディブで食べたお昼ごはんをご紹介しようと思います(^-^)

 

 

モルディブにて 島で会った生き物たち 2010/12/11

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 1:10 PM

 

滞在した島は小さかったけれど、それでもたくさんの生き物たちに会えました。

先日は海の中をちらりとレポ致しましたが、本日は彼らをご紹介。

まあ、これは基本ですけれが、砂浜には小さなトカゲさんがたくさん。

01mol生き物

踏まないでー。

 

02mol生き物 

ふふふ、アップで撮影成功ー!!

 

この島では17:00ごろになると、 

03mol生き物

メインビーチにこうしてゲストが集まりだします。

 

何が来るかって?? 

 

04mol生き物 

ゆらーー。

 

05mol生き物 

ゆらゆらーーーー

 

これはアカエイ 

実はこのホテル、毎日17:00に彼らを餌付けしているんです。

 

頭がいいんだなーって思う・・・だって、アカエイたちも17:00ちょっと前になると、 

ちゃーんと毎日ビーチに集まってくる。

06mol生き物

『ゴハンちょうだいー。』

 

やっぱりもぐもぐの精神は、生き物に共通の大切なことなんですね~(ムリヤリ) 

 

レストランで出た魚の切れ端、

07mol生き物 これが彼らのエサです。

 

ビニールの手袋が配られて、ゲストたちはこの切り身を手に波打ち際に進みます。

そのときの注意点。

エイの尻尾に触らないように。

エイの歯には注意するように。

それから、ベビー・シャーク(多分小さな種類のサメ)には絶対にエサをあげないように。

あとは、よくわからない。

英語だったので(笑)。←テキトー

 

15mol生き物

左手に手袋をはめ、どろんどろんのお魚の内臓とかを持って、エイたちに近づく…

 

10mol生き物 13mol生き物

ばしゃーん!!

 

08mol生き物09mol生き物

ばしゃばしゃーーーん!!!

 

12mol生き物

ごーーーはーーーんーーーだぁぁあーーー!!!!

 

17mol生き物 へっぴり腰のわたくし。 

ひいいいいー。

こわいいいーーーー!!!!

 

11mol生き物

目がイカだ!!(意味不明…)

こっち見てるーーーー。

 

 

おそるおそる近づくと、

16mol生き物

バフーッっていう音と共に、魚の切れ端が吸い込まれるーーー。

 

 

触ってみると、ぬるっとしていて、あれっ、ちょっとカワユイ…

14mol生き物

 

慣れてくると、ほらほら、おいで!!って、仲良し気分。

18mol生き物

あんた、砂浜打ち上げられてるよ…(汗)

 

19mol生き物

ドアーップ!!! コンニチハ♪

 

 

このお魚の切れ端を目当てに、大きなお魚も寄ってきます。

すごいお魚がいた。歯がギザギザ。

スタッフの人がエサを海面からちょっと浮かせて待ってると…

20mol生き物 

21mol生き物

22mol生き物

かぷ(笑)

エイたち「くっそー、俺らにもくれーーー」

 

 

エイたちのおこぼれを狙うのは、魚だけではありません。

 

01モル鳥

こやつ。

 

でっかい鳥です。いっつも島のどこかにいます。

02モル鳥

それで、魚の切れ端を時々もらったりして、ぱくり。

 

03モル鳥

桟橋にもいるから、後ろを着いていったり(笑)

 

04モル鳥

波打ち際で青春ごっこしてたり(笑2)

 

・・・って撮ってたら、

05モル鳥

何よ!?って、にらまれたり(爆)

 

06モル鳥

あ、プールのあっち側にいる!!

 

そぉーっと近づいて…はい、Optioくんを連れて…

07モル鳥

他のゲストも私に注目!

 

08モル鳥

激写っ!!! 一同微笑む(笑)

 

09モル鳥

モルディブの青い海と、彼(?)…なかなか絵になっています。

って感じで、素敵な生き物たちでしたー。

 

【おまけ】

レストランで仲良くなったウェイターさん。

もう、冗談ばっかりで、お互いげらげら笑ってばかり。すごく仲良しになりました。

で、そのひとが、いきなり、食事中の私の肩をとんとんと叩く。

振り向いたら、これ、くれました。

 

10モル鳥

ミニタオルで作った、がーこ(爆)

わははははーーーー!!  

スナックのおしぼり芸だぁーーーー。

  

この子は大切にスーツケースに入れて、持って帰ってきました。 

今私のお部屋でちょこんと私の帰りを待っている

かわゆい存在です♪

 

 

モルディブにて 海の中へちょっとだけお邪魔しまーす 2010/12/06

Filed under: 2010 モルディブ旅行記 — Misa @ 10:38 AM

 

 

唐突ですが、私は宇宙のことは大好きだけれど、宇宙に行きたいとは全然思わない。

  

海の中・・・ダイビングをしているひとのお話を聞くと、とっても魅力的で、

美しい世界のことはすごく興味があるのだけれど、私はダイビングはしないんです。

空気がないところは怖い・・・

それは宇宙空間と一緒で、そこに人間が行っていいのかどうかわからないエリアだと

思ってるから。

まあ、ただの臆病なんですけど~(笑)

なので、いつも南の島に行くとスノーケル。 

海面から少しだけ、海の中を覗かさせてもらうみたいな感じは、

ビビリの私にぴったり(笑)

このホテルに泊まると、滞在中、スノーケルのセットが無料で借りられるので、 

島のダイビングショップに行って、フィンとマスクをレンタル。

あ、ちなみにわたくしの連れの足のサイズは31センチ 

01snorkel

はい、30センチ定規よりもでかいです。(私は24cm)

でもでも、ちゃんとフィンを借りられました。

サイズが豊富なことは、ここで保障いたします(爆)

 

スノーケルのときは、水着だと超危険… 

とにかく背中とか肩がめちゃめちゃ焼けます!

いつもはTシャツを着ているんだけど、今回はアメ横でオニールのラッシュガード購入。

1万円以上のものが900円くらいなんですもんー♪

02snorkel 下は水着短パンで。

そうそう、スノーケルの用意してたら、ちょうど隣のヴィラの椰子の実が落ちそうになっていたので、 

スタッフがはしごに登って、取っていました。

すると、ナタみたいなので上の方をカットして、私にはい、ってくれました(笑)

よっぽどモノ欲しそうな顔で見ていたらしい…(爆) 

これ。 

03snorkel

あんまり甘くないんだけど、いっぱいジュースが入ってた!

海から上がったときは、しょっぱかった口の中が、マイルドになりました~!

ありがとうこざいました♪

さてさて、ヴィラ前のプライベートビーチから、海に入ります。 

 

とにかく朝一だと透明度が高い。波も潮の流れも穏やかで、スノーケリングしやすいです。

11時過ぎちゃうと、もうダメ。途端に水中のにごりが増します。

なのでいっぱい写真を撮ったんだけれど、きれいに撮れているのがあまりなくて… 

ちょっとだけですけれど、ご紹介。

ビーチ前の海は浅瀬が続いています。

05snorkel

砂地にはこの黒いお魚がいっぱいでしたー。

04snorkel 時々青いのもいます。 

12snorkel この子の表情が面白いの。 

13snorkel 虹色だよ~。 

もう少し進むと、珊瑚がいっぱい。

06snorkel

海がめに会いたかったなあー。 

07snorkel

竜宮城へはまだまだ遠いよ。

10snorkel 

急に珊瑚が途切れて…

人工的に置かれたコンクリの塊があります。 

08snorkel

そして、この先はドロップオフ。

崖のように、急に深場に落ち込んで行きます。 

09snorkel

崖の上から、海の底を見下ろしたところ。

崖の下…終わりが全然見えません。 

その底の方には、小さな白い魚が群れをなして、きらきらと輝いています。

ライフジャケットをつけていないので、

このまま海の底に落ちて行きそうな錯覚に陥ります。

11snorkel

水面近くに透明っぽい白い細長いお魚。

14snorkel

と、人魚!? す、すみません…(汗)

こんな感じで、滞在中はスノーケルを楽しみました。 

いろんな種類のお魚が、きれいな海で泳いでいるのを見るのは、本当に夢みたいな

時間でした。

この海は、私の住んでいる日本ともつながっているって考えたら不思議な気持ち。

いつまでもこの美しい海が、このままの姿でいられますように。

ありふれた思いだけれど、心から強くそう思いました。

 

えっとー、今回モルディブ旅行を決めたときに、えーい!と購入したのがこれ。 

PENTAX Optio W90! 

15snorkel

6メートル 本格防水・防塵、1.2m耐ショック、光学5倍ズーム・広角28mm、

2.7型ワイド液晶モニター

ってな仕様で、2万円ほど。。。どうしても海の中撮りたくて~。

大活躍ちゃん♪でした!!

 

 

おまけ】

海つながりで。

最近お気に入りの場所…

晴海ふ頭(爆)

01晴海

ぼけーっとするには最高。

02晴海

たまに出没しています。。。

そして、ここにいる時は、ヘコミ中(笑)  時にはこんなときも。